動物はみな脳の発達のためにレム睡眠を必要としている

動物も人間も「子供がよく眠る」のはなぜか?”寝る子は育つ”の真意に迫る研究
(画像=仲良く眠る犬と猫 / Credit:depositphotos、『ナゾロジー』より引用)

これが哺乳類以外の生物まで適用できるかはまだわかりません。

動物は睡眠の主要な目的の変化が発達とともに起きるのです。

「脳は本当に驚くべきことをしていて、特に子供の期間中は大人とは異なった動きをしています。それが睡眠という行動の中にも現れています」

カリフォルニア大学ロサンゼルス校の進化生物学者ヴァン・サヴェッジ氏はそのように説明します。

睡眠が大切ということはたびたび話題にされていますが、特に子供にとっての睡眠は発達において重要な意味を持つようです。そしてその機能は、大人だからといって無視していいものではないでしょう。

できるだけ頻繁に、質の高い睡眠を必要とする理由は、この脳の特殊な働きや成長の中にも含まれているのです。

たとえ軽微なものであったとしても無理して寝ない、ということは非常に危険な行為なのかもしれません。


参考文献

sciencealert


提供元・ナゾロジー

【関連記事】
ウミウシに「セルフ斬首と胴体再生」の新行動を発見 生首から心臓まで再生できる(日本)
人間に必要な「1日の水分量」は、他の霊長類の半分だと判明! 森からの脱出に成功した要因か
深海の微生物は「自然に起こる水分解」からエネルギーを得ていた?! エイリアン発見につながる研究結果
「生体工学網膜」が失明治療に革命を起こす?
人工培養脳を「乳児の脳」まで生育することに成功