グリーンウォッシングとは主に企業のブランドイメージにおいて、地球環境にやさしいか、あるいはエコロジーを標榜するような表現で装い、実態ではそうではなく、消費者を騙すような行いを指します。

「サステイナブルツーリズム」や「SDGs」という環境保全を掲げた言葉が流行する一方で、「グリーンウォッシング」という言葉も耳にするようになりました。

この記事では、グリーンウォッシングの概要から問題点、該当する表現、グリーンウォッシングだと思われない例を紹介します。

顧客が商品やサービスを選ぶきっかけとして「環境に配慮しているか」が影響しているのは確かです。しかし環境配慮のアピールがあからさまであったり、短絡的に感じられてしまえば、消費者にグリーンウォッシングの烙印を押されかねません。

どのような表現がグリーンウォッシングと判定されてしまうのか、目指すべき表現はどのようなものなのかを見ていきましょう。

目次
グリーンウォッシングとは?
グリーンウォッシングの問題点
 ・消費者の選択を歪める
 ・企業イメージ・売上が低下する

グリーンウォッシングとは?

グリーンウォッシングとは、環境に配慮しているように見せかけ、消費者をあざむこうとする行動を指します。

環境への配慮を意味する「グリーン」と、取り繕うことを意味する「ホワイトウォッシュ」からなる造語です。

Booking.comの調査によれば、日本の旅行者の82%が「旅行において、サステナビリティが非常に重要だ」と回答しています。

環境へ配慮していることが顧客に伝わることで、購買決定を後押しすることがわかってきた昨今、それを悪用しようとする動きがあると考えられます。

グリーンウォッシングの問題点

環境保全をアピールすることで、一時的に売り上げが増加するかもしれません。

しかし、それがグリーンウォッシングだと消費者に判断されれば、ブランドイメージを著しく損なうことに繋がりかねません。

ここではグリーンウォッシングがどのような問題を引き起こすかまとめます。

消費者の選択を歪める

グリーンウォッシングは、消費者の選択を歪める行動です。

見せかけの「環境に配慮している」というイメージが、顧客の購買意欲に影響を与えるからです。

実際、Booking.comの調査において、日本の旅行者の82%が「旅行において、サステナビリティが非常に重要だ」と考えており、31%が「今年はサステナブルな宿泊施設に滞在したい」と回答しています。

グリーンウォッシングをする企業が増えるほど、顧客は「環境への配慮を謳う商品・サービス」に対して不信感を抱くようになり、購入を避けるようになってしまいます。

企業イメージ・売上が低下する

「グリーンウォッシング」だと判断されれば、企業イメージや売り上げは低下します。

「見せかけのエコ」によって顧客を騙し続けていたことになるのですから、イメージや売り上げの低下は必至でしょう。

しかし、意図せずしてグリーンウォッシングと取られかねない表現をしてしまうことにも注意が必要です。

本当に環境に配慮している商品だったとしても、広告やホームページなどの文言がグリーンウォッシングと判断される可能性があります。