目次
電子の世界で学習する仮想ウミウシ「アシモフ」
気持ちよくなるクスリをみつけたアシモフ

電脳ウミウシを薬物依存にするシミュレーションで、生物が”クスリ漬け”になる過程が明らかに
(画像=薬漬けになった電脳ウミウシのリアルな転落人生をみてみよう/Credit:イリノイ大学 (文字はナゾロジー編集部記入)、『ナゾロジー』より引用)

point

  • シミュレートされたウミウシの脳を薬物中毒にした
  • 薬物中毒になったウミウシは動物らしい「好み」を失い毒も食べた
  • 動物の複雑な行動や人間の高度な精神性も単純な報酬を得るためだけの簡単な構造である

原始的な「好み」はあらゆる生物に備わっており、栄養価の高いエサの確保から異性の選別といった美的感覚まで、様々な動物の行動を支配しています。

アメリカの研究者は、このあらゆる生物の根源にある「好み」だけでなく、人間の「美意識」も、報酬を得るためだけの非常に簡単な構造であるとの仮説を立てました。

そしてその仮説を実証する手段として、研究者は脳の仕組みが簡単なウミウシ(アシモフと命名)の脳をコンピューターシミュレーションで再現し、薬を使って中毒にすることにしました。

電脳ウミウシを薬物依存にするシミュレーションで、生物が”クスリ漬け”になる過程が明らかに
(画像=単純な脳であるため、比較的簡単に全脳のシミュレーションが可能である/Credit:首都東京大学(文字はナゾロジー編集部記入)、『ナゾロジー』より引用)

ウミウシの脳は非常に原始的で単純な構造をしていますが、ヒトと同じように記憶や学習が可能であり、食べることをはじめとした基本的行動をとります。

また、その「好み」は報酬によって強く支配されていることが知られているそうです。

そのため、研究者はウミウシの脳のシミュレーション結果を分析することで、「好み」と報酬の関係を探ろうとしました。

電子の世界で学習する仮想ウミウシ「アシモフ」

電脳ウミウシを薬物依存にするシミュレーションで、生物が”クスリ漬け”になる過程が明らかに
(画像=まだ健全だったころのアシモフ君/Credit:イリノイ大学(文字はナゾロジー編集部記入)、『ナゾロジー』より引用)

実験の第一段階として研究者は現実のウミウシに似せた脳細胞数と神経接続パターンをもつ仮装生物(アシモフと命名)をシミュレーション内に誕生させました。

このアシモフには初期状態として食欲と報酬を感じ取る能力が与えられているほか、自身の心や体の状態を一定に保とうとする機能(可逆的恒常性)が追加されています。

研究者はこのアシモフにエサを得る方法を学習させ、エサには栄養価が高い美味しいものと、栄養価はあるもののアシモフの体を傷つける毒入りのものがあることを教えました。

学習が終わると、アシモフは毒のあるエサを避けて、優良なエサを食べるようになりました。

また満腹になると、報酬を得られた満足感から、アシモフは快楽を感じます。

そのため、アシモフは満腹時以外は、食欲と食後の快楽をもとめてシミュレーション世界を彷徨いエサを探し続けました。

気持ちよくなるクスリをみつけたアシモフ

電脳ウミウシを薬物依存にするシミュレーションで、生物が”クスリ漬け”になる過程が明らかに
(画像=クスリの魅力にとりつかれたアシモフ君/Credit:イリノイ大学(文字はナゾロジー編集部記入)、『ナゾロジー』より引用)

アシモフの学習が終了するのを見計らって、研究者は「特殊なエサ」を仮想空間に投じました。

この特殊なエサは、全く栄養価がないものの、食べることで満腹時のような大きな快楽を得ることができるものです。

ですがこの快楽は長続きしません。

なぜならアシモフには本物の生物のように、心と体を一定の状態に保とうとする恒常性があるからです。

快楽を求める生物が自身の快楽を打ち消すというのは不条理にも思えますが、無意味な永遠の快楽は生物に死をもたらします。

そのため、アシモフが快楽を延長させるには、この特殊なエサ……すなわち中毒性のあるクスリを食べ続ける必要があります。

アシモフは仮想世界を彷徨いながら、クスリを探し求めるようになりました。

今やアシモフにとってクスリは何よりも重要になったために、たとえ目の前に美味しいエサがあっても食べなくなりました。

研究者はこの事実に驚くと共に興味を引かれました。

というのも、中毒性のあるクスリの使用と食欲の減退は、人間だけでなくあらゆる動物で起こる共通現象だからです。

シミュレーション内の生物であるアシモフにも実際の生物と同じような非自然的な現象が起きたのは、現実の多くの生命が非常に原始的で簡単な報酬系に支配されているとの研究者たちの仮説を支える事実だったからです。