2022年6月10日から日本では、添乗員付きのパッケージツアーでの外国人観光客受け入れが再開しました。

世界的な観光業の復活にあわせてよく耳にするのが「リベンジ旅行」や「リベンジ消費」という言葉です。

この記事では、リベンジ旅行の意味や現状、不安要素について解説します。

今後の観光業を語るうえでは、必須の知識です。

目次
リベンジ旅行とは?
国内におけるリベンジ旅行の現状

リベンジ旅行とは?

リベンジ旅行とは? 国内外の現状と不安材料を解説
(画像=▲リベンジ旅行による予約動向:HIS、『訪日ラボ』より引用)

リベンジ旅行とは、新型コロナウイルスの影響によって旅行がしたくでもできなかった人たちが、我慢していたものを取り返すかのように旅行することです。

ここ最近よく耳にするようになった言葉で、あわせて「リベンジ消費」という言葉もよく使われます。

2019年12月に中国の武漢で新型コロナウイルスの感染が確認され、それから感染はまたたくまに世界中に広がっていきました。

日本でも、2020年1月の最初の感染確認を皮切りとして、2022年6月までに900万人以上の感染が確認されています。

そんななか、現在世界は新型コロナウイルスを克服しつつあります。

  • ワクチンの普及
  • 感染対策制度の充実

さまざまな要因によって、私たちは「以前の暮らし」を取り戻そうとしているのです。

そこで、これまで我慢してきた思いが爆発し、人々はリベンジするかのように旅行や消費を行います。

国内におけるリベンジ旅行の現状

野村総合研究所の調査によれば、日本人のリベンジ旅行への考え方は消極的であることがわかりました。

同調査における「コロナ禍完全収束後における各活動への支出意向」において、「コロナ禍以前の水準よりもさらに多くする」と回答した人が、国内外問わず全体の10%しかいなかったのです。

さらに、海外旅行においては「コロナ禍以前の水準より低くする」「今と変わらないままにする」と回答した人が過半数でした。

このことから、日本人がリベンジ旅行に対して消極的であることがわかる調査でしょう。

しかし、国内旅行については「コロナ禍以前の水準よりもさらに多くする」「コロナ化以前の状態に戻す」という人が過半数となっています。

よって、現状としては「リベンジ旅行には消極的だが、いくなら国内旅行」というのが日本人の多くが抱えている現状といえます。