目次
現在カオサンロードはどうなってる?(2022年4月現在)
 ・ 大規模リニューアル工事で綺麗に
 ・ 日本人に人気のゲストハウスは今も営業中
 ・ 旅行者の多くは欧米人
 ・ 2022年の水かけ祭り「ソンクラーン」
カオサンロードの見どころと楽しみ方
 ・ 1. 本場のタイ料理を楽しむ
 ・ 2. スイーツを堪能する
 ・ 3. お土産探しや買い物を楽しむ
 ・ 4. タイマッサージで極楽気分を味わう
 ・ 5. 写真撮影を楽しむ
 ・ 6. 疲れたときは「裏カオサン通り」で休憩
 ・ 7. ナイトクラブで夜遊びする

現在カオサンロードはどうなってる?(2022年4月現在)

パックパッカーの聖地「カオサンロード」の楽しみ方!気になる現在の最新情報も紹介
(画像=『TABI CHANNEL』より引用)

以前は日本からも多くの旅行者が訪れたカオサンロード。

新型コロナウイルス対策による入国規制が長く続いており、現在カオサンロードはどのようになっているのか、気になっている人も多いかもしれません。

ここでは、カオサンロードの現状やゲストハウスの営業状況、カオサン恒例の水かけ祭り「ソンクラーン」についてなど、2022年4月現在の最新情報をお伝えします。

大規模リニューアル工事で綺麗に

パックパッカーの聖地「カオサンロード」の楽しみ方!気になる現在の最新情報も紹介
(画像=『TABI CHANNEL』より引用)

カオサンロードは、2020年1月から5月の間に大規模なリニューアル工事が行われました。

歩道と車道の段差がなくなり、道路だった部分には石のタイルが敷き詰められ、電線を一部地中化したり排水路を改良したりなど、カオサンの雰囲気を残しつつ以前よりも綺麗になりました。

パックパッカーの聖地「カオサンロード」の楽しみ方!気になる現在の最新情報も紹介
(画像=『TABI CHANNEL』より引用)

カオサンロード前にあるタナオ通り(Thanon Tanao)も、以前と比べ綺麗に改修されています。

タナオ通りはこのような外観が続きますが、シャッターが閉まっているところがほとんど。

所どころカフェや飲食店、シルバーアクセサリー店、お土産店が営業しており、カオサンロードと比べ閑散とした雰囲気です。

日本人に人気のゲストハウスは今も営業中

パックパッカーの聖地「カオサンロード」の楽しみ方!気になる現在の最新情報も紹介
(画像=『TABI CHANNEL』より引用)

かつて多くの日本人バックパッカーが訪れた安宿ゲストハウス「NAT2 Guest House」と、そのお隣の「C.H.2 Guest House」。

以前のような活気は見られませんでしたが、今でもしっかり営業しています。

以前は多くの日本人バックパッカーが宿泊していたゲストハウスですが、写真撮影日には日本人を見かけることはなく、入口横にあるリビングもガラガラでした。

カオサンロードやその周辺にあるゲストハウスは廃業しているところも多く見られ、至るところでシャッターが閉まっているのが現状です。

旅行者の多くは欧米人

パックパッカーの聖地「カオサンロード」の楽しみ方!気になる現在の最新情報も紹介
(画像=『TABI CHANNEL』より引用)

現在、カオサンロードにいる多くの旅行者は欧米人で、日本人観光客に出会うことは滅多にありません。

駐在の日本人が多く暮らすスクンビットエリアでは日本人をよく見かけますが、カオサンロードに何度か足を運ぶ機会があっても、日本人に会うことはありませんでした。

入国規制が緩和され、これからは日本人観光客も増えてくるのかもしれません。

2022年の水かけ祭り「ソンクラーン」

パックパッカーの聖地「カオサンロード」の楽しみ方!気になる現在の最新情報も紹介
(画像=『TABI CHANNEL』より引用)

4月13〜15日を旧正月「ソンクラーン」とし、この3日間タイは祝日になります。

「ソンクラーン」は、もともとは家族が一同に集まり、仏像や年長者の手に水をかけてお清めする儀式でしたが、今では新年の儀式というよりも、通行人同士で水をかけ合うお祭りの色が強くなりました。

カオサンの「ソンクラーン」は世界的にも有名で、このイベントを目当てに世界中から旅行者が訪れます。

パックパッカーの聖地「カオサンロード」の楽しみ方!気になる現在の最新情報も紹介
(画像=『TABI CHANNEL』より引用)

2022年の「ソンクラーン」は新型コロナウイルスの影響もあり、バンコクでは水かけが禁止されていました。

ソンクラン当日、日中は穏やかなカオサンロードですが、夕方頃から欧米人を中心に水鉄砲を持った旅行者たちがバーや路上に集まり、一部で水のかけ合いが開始。

夜には多くの若者や旅行者がカオサンロードに集まり、禁止とされる中水のかけ合いが行われていたのが実際のところです。(筆者は夕方にはカオサンから退避しました)

ソンクラーンにより、新型コロナウイルスの感染拡大が心配されています。

カオサンロードの見どころと楽しみ方

パックパッカーの聖地「カオサンロード」の楽しみ方!気になる現在の最新情報も紹介
(画像=『TABI CHANNEL』より引用)

カオサンロードには、サイアムなどの都会では味わえない昔ながらのバンコクを楽しむことができます。

ここでは、カオサンロードの見どころや楽しみ方についてご紹介します。

次回バンコクを旅行する際にぜひ参考にしてみてください。

1. 本場のタイ料理を楽しむ

パックパッカーの聖地「カオサンロード」の楽しみ方!気になる現在の最新情報も紹介
(画像=『TABI CHANNEL』より引用)

カオサンロードの楽しみ方のまず1つ目は、屋台で本場のタイ料理を楽しむことです。

カオサンロードやその周辺には、タイ料理の屋台が数多くあり、様々なタイ料理を楽しめます。

お昼にも屋台はで出ていますが、屋台飯を楽しむなら18時以降がおすすめ。

特にカオサンロード周辺の通りでは、夕方になると開店準備をする屋台が多く見られ、夜にはズラリと屋台が並びます。

パックパッカーの聖地「カオサンロード」の楽しみ方!気になる現在の最新情報も紹介
(画像=『TABI CHANNEL』より引用)

メイン料理でも40〜50バーツ(150〜190円)ほど。

注文をしてから作ったり焼いたりしてくれるところや、おかずを2品や3品選んでワンプレートで提供してくれる屋台など様々。

パックパッカーの聖地「カオサンロード」の楽しみ方!気になる現在の最新情報も紹介
(画像=『TABI CHANNEL』より引用)

屋台ごとでメニューや得意料理も異なるので、屋台のはしごをするのもおすすめです。

2. スイーツを堪能する

パックパッカーの聖地「カオサンロード」の楽しみ方!気になる現在の最新情報も紹介
(画像=『TABI CHANNEL』より引用)

灼熱の太陽と蒸し暑いタイでは、観光をしていると脱水になりがちですが、そんなときにスイーツがおすすめ。

カオサンロードやその周辺にはスイーツ系の屋台が数多くあり、新鮮な南国果実やそれらを使用したフルーツスムージーを頂くことができます。

パックパッカーの聖地「カオサンロード」の楽しみ方!気になる現在の最新情報も紹介
(画像=『TABI CHANNEL』より引用)

写真はバナナスムージーで、料金は30バーツ(約112円)。

スイカやメロン、バナナ、パッションフルーツなどお好みのフルーツを選んでから注文すると、生搾りのフルーツスムージーを作ってくれます。

パックパッカーの聖地「カオサンロード」の楽しみ方!気になる現在の最新情報も紹介
(画像=『TABI CHANNEL』より引用)

こちらは「ナム・ソム」で、料金は30バーツ(約112円)。

果肉がたっぷり入った濃くて甘いみかんジュースで、脱水したときの水分補給にぴったり。

キンキンに冷えたナム・ソムを飲めば、疲れた身体も回復すること間違いなしです。

3. お土産探しや買い物を楽しむ

パックパッカーの聖地「カオサンロード」の楽しみ方!気になる現在の最新情報も紹介
(画像=『TABI CHANNEL』より引用)

カオサンロードには、Tシャツやタンクトップ、タイパンツなどが売られたお店が並び、100〜200バーツ(375〜750円)ほどで安く購入できます。

エスニック柄のタイパンツやワンピースなどはカオサンならでは。

滞在中に着る自分用のお土産にもぴったりですね。

パックパッカーの聖地「カオサンロード」の楽しみ方!気になる現在の最新情報も紹介
(画像=『TABI CHANNEL』より引用)

その他にもバッグやサンダル、アクセサリー、雑貨を扱うお店も多くあります。

おしゃれでかわいいバッグも安く購入できるので、ショッピングやお土産探しを存分に楽しみましょう。

4. タイマッサージで極楽気分を味わう

パックパッカーの聖地「カオサンロード」の楽しみ方!気になる現在の最新情報も紹介
(画像=『TABI CHANNEL』より引用)

カオサンロードやその周辺にはマッサージ店が多くあり、格安でマッサージができます。

カオサン通りには路上で行うマッサージ店が多くありますが、各種マッサージメニューを揃えた室内で行うマッサージ店もあります。

パックパッカーの聖地「カオサンロード」の楽しみ方!気になる現在の最新情報も紹介
(画像=『TABI CHANNEL』より引用)

マッサージのメニューによって料金は異なりますが、30分で150バーツ(約560円)ほど。

フットマッサージや全身コース、オイルマッサージなど様々なメニューがあり、1時間や2時間コースも可能。

極上のタイマッサージで至福の時間を過ごしてみてはいかがでしょうか。

5. 写真撮影を楽しむ

パックパッカーの聖地「カオサンロード」の楽しみ方!気になる現在の最新情報も紹介
(画像=『TABI CHANNEL』より引用)

カオサンロードを観光するなら、定番の写真スポットで撮影するのも楽しみのひとつです。

以前カオサンロードにはマクドナルドが2ヶ所ありましたが、残念ながら2店とも閉店。

それでも昔から変わらず、カオサンロード名物のドナルドは健在しています。

合掌しているドナルドはタイならでは。

カオサンロードに行ったら外せない、写真の定番スポットです。

パックパッカーの聖地「カオサンロード」の楽しみ方!気になる現在の最新情報も紹介
(画像=『TABI CHANNEL』より引用)

数多くの看板がある通りの中央で撮影したり、三輪タクシーのトゥクトゥクと撮影したりと、何枚でも写真を撮りたくなることでしょう。

6. 疲れたときは「裏カオサン通り」で休憩

パックパッカーの聖地「カオサンロード」の楽しみ方!気になる現在の最新情報も紹介
(画像=『TABI CHANNEL』より引用)

カオサンロードの隣に並行しているランブトリ通りは、「裏カオサン通り」とも言われています。

この裏カオサン通りは、カオサンロードのような喧騒感がなく、人が少なく落ち着いた雰囲気です。

パックパッカーの聖地「カオサンロード」の楽しみ方!気になる現在の最新情報も紹介
(画像=『TABI CHANNEL』より引用)

ゆったり座れるソファがあるカフェがいくつかあるので、疲れたときに冷たい飲み物を飲みながらひと休憩するのもぴったり。

また、夜はおしゃれで落ち着いた雰囲気なので、カオサンロードの喧騒から離れ、まったりした夜を楽しみたいという人にもおすすめです。

7. ナイトクラブで夜遊びする

パックパッカーの聖地「カオサンロード」の楽しみ方!気になる現在の最新情報も紹介
(画像=『TABI CHANNEL』より引用)

カオサンといえば、ナイトクラブでお酒を楽しむのが定番です。

カオサンロードにはクラブやバーが数多くあり、お昼にシャッターが閉まっていても夕方近くになると開店準備を始め、夜になると一気に賑やかに変貌します。

カオサンの通りはネオンで染まり、それぞれのお店から大音量の音楽が流れ、お酒を飲んだり踊ったりする若者や観光客で溢れかえります。

独自の文化を持つ異国情緒あふれるカオサンで、お酒を飲みながら夜遊びを楽しんでいてみてはいかがでしょうか。

今回はカオサンロードの最新情報や、見どころ・楽しみ方についてご紹介しました。

バンコクの中心部では、新しいビルやホテル、大型ショッピングセンターが次々と建設され、この10年で大きく変化しました。

そのような中でも、カオサンは今でも独自の文化が続いていており、そこで感じる懐かしさが、訪れる人々の心を掴むのかもしれません。

入国規制が緩和され、これから少しづつ日本からの観光客も増えることが予想されています。

タイ観光・旅行の際に本記事を参考にして頂けたら幸いです。

提供元・TABI CHANNEL

【関連記事】
浅草のおすすめ観光デートスポット20選&絶品グルメスポット6選
東京の高級ホテル16選!一度は宿泊してみたい東京のおすすめ豪華ホテル
日本の猫島7選!全国各地から猫好きの聖地を厳選
香川県の観光地22選!うどんだけで帰らないで!
プーケットの観光地17選!タイ旅行では欠かせない定番ビーチリゾート