アメリカ合衆国南西部のネバダ州で最大の都市「ラスベガス」。
カジノやギャンブルの街というイメージをお持ちの方も多いのではないでしょうか?

そんなラスベガスは、カジノの他にもコンサートやショーなど多くのエンターテインメントが集まる賑やかで楽しい街です。
また、ホテルやショッピングモールは、規模や装飾も日本とは比べ物にならないレベルで驚かずにはいられません。

こちらの記事では、そんなラスベガスでオススメの観光スポットとホテルをご紹介いたします!
ラスベガスの歴史やカジノの楽しみ方なども参考にしてください。

新型コロナウイルスの感染拡大防止のため、臨時休業あるいは営業時間の変更等の措置を取っている店舗・施設がございます。

お出かけ前に、店舗・施設の公式HPやSNS等で最新情報のご確認をお願い致します。

目次
ラスベガスに行く前に・・・ラスベガスの基本情報とカジノの楽しみ方を知っておこう
ラスベガスってどんなところ?

ラスベガスに行く前に・・・ラスベガスの基本情報とカジノの楽しみ方を知っておこう

ラスベガスの楽しみ方とおすすめの人気観光スポットまとめ
(画像=『TABI CHANNEL』より引用)

アメリカ合衆国本土の南西部に位置し、アリゾナ州、カリフォルニア州、オレゴン州、アイダホ州、ユタ州の4州と接している接しているネバダ州。

そんなネバダ州の中の、昼夜を問わず活気にあふれている都市がラスベガスです。

「Sin City (罪の都市) 」や「Entertainment Capiral of the World (世界のエンターテインメントの中心地) 」などといったニックネームを持つラスベガスには、カジノやショー、コンサートなど、様々なエンターテインメントを求めてアメリカ国内外から日々観光客が訪れています。

本記事では、そんなラスベガスでオススメの観光スポットおよびホテルをご紹介いたします。

ただ、その前にまずはラスベガスがどのような街なのかを簡単にご紹介したいと思います。

ラスベガスの基本情報を学んでおくと、旅行がより一層楽しくなるはずです!

ラスベガスってどんなところ?

ラスベガスの楽しみ方とおすすめの人気観光スポットまとめ
(画像=『TABI CHANNEL』より引用)

ラスベガスの歴史

1800年代前半に初めて発見されたとき、ラスベガスはネバダ砂漠の中にあるオアシスだったそうです。

ラスベガスを見つけたのは東隣のユタ州から西隣のカリフォルニア州へ移動中だったモルモン教徒で、以降ラスベガスの開拓が始まりました。

ラスベガスが「カジノの街」へと変身し始めたのは、1929年の大恐慌が起きた数年後です。

大恐慌の影響を受けたネバダ州は、税収の確保を目的として1931年に賭博の合法化を行いました。

また、同年にラスベガスのすぐ東を流れるコロラド川を利用したフーバーダムの建設が開始され、ダムは豊富な電力でラスベガスの発展を助けました。

第二次世界大戦が終了してからはカジノやホテルの数が次々と増えていき、それに合わせてショーやコンサートも頻繁に開催されるようになり、国内外から大勢の観光客やギャンブラーが集まる「世界のエンターテインメントの中心地」に成長を遂げました。

ラスベガスの土地柄・気候

ラスベガスは北緯36度、東経115度に位置しています。

実は 東京 も北緯36度に位置しているのですが、ラスベガスはアメリカ南西部に広がっている砂漠地帯に含まれているため、湿度や気温は東京とは大きく異なります。

夏の時期は気温が40度ほどあるのがしょっちゅうで、46〜48度程度まで上がることも珍しくありません。

東京だったらサウナのような環境になり、熱中症で倒れてしまう人たちが大勢出てきそうですが、ラスベガスの場合は湿度が10〜30パーセント程度にとどまっているため、東京の蒸し暑い夏より過ごしやすいと感じるかもしれません。

また、湿度が年間を通して50パーセントを越えることがあまりなく、特に冬は皮膚の乾燥や山火事に注意が必要です。

ラスベガスの観光シーズン

ラスベガスは、多くのカジノが24時間営業していたり、ショーやコンサートが毎日のように開催されていたりと、どの時期のどの時間帯に訪れても賑わっている観光エリアです。

そのため、「どうしてもいきたいコンサートがある」などという理由がない限り、エンターテインメントの面ではいつ訪れてもそれほど変わりはないかと思います。

ただ気候を考慮すると、やはり春や秋などの暑すぎず寒すぎず過ごしやすい気温の時期に旅行や観光をするのがオススメです。

ラスベガスに行くときに留意しておきたいこと

「ラスベガスは治安が悪い」というイメージがありますが、実はラスベガスはアメリカの都市の中でも治安が良いことで知られています。

なぜかというと、犯罪の影響でカジノやショーを楽しみに来ている観光客の数が減ることがないようにと、警備や監視の目がよく行き届いているからなのです。

別途ご紹介する観光スポットが多く集まる「ラスベガス・ストリップ」という大通り一帯は、ラスベガスの中でも特に治安が良いと言われています。

それでも、観光客を狙ったスリや置き引きなどの犯罪が発生することがあるのは事実です。

楽しみつつも気を緩めすぎることなく、犯罪に巻き込まれないように気をつけましょう。