ゴーストのように神出鬼没な植物の新種がマレーシアで発見されました。

Thismia属というこの植物群は、別名・フェアリーランタンとも呼ばれる寄生性の植物です。

その多くはなぜか人に発見されると忽然と姿を消し、二度と現れないこともあれば、数十年後にポッと出現することもあります。

今回見つかった新種は、他のフェアリーランタンとは異なる一風変わった姿をしていました。

研究は、2月18日付けで『PhytoKeys』に掲載されています。

目次
花のかたちが「フード」そっくり

花のかたちが「フード」そっくり

フェアリーランタン(Thismia属)は1845年に初めて見つかった植物で、主に東南アジアとオーストラリアに自生しています。

マレーシア森林研究所 (FRIM)の植物学者Mat Yunoh Siti-Munirah氏は、2017年に、同国のロイヤルベラム州立公園がSNS上でシェアした画像に奇妙な植物を発見。

それを見た氏は「フェアリーランタンの新種ではないか」と考え、研究チームとともに現地調査をおこないました。

氏は「フェアリーランタンの多くは1年の内の特定の時期にしか発見できません。なので、見つけるには正確なタイミングと場所に恵まれなければならない」と話します。

しかし、運はチームの味方をしました。

公園内の熱帯雨林の木の下に、高さ数センチほどの白い小さなフェアリーランタンが発見されたのです。

ゴースト植物「フェアリーランタン」の新種を発見! 菌類から栄養素を盗む能力をもつ
(画像=フェアリーランタンを発見 / Credit: phytokeys、『ナゾロジー』より 引用)

調査の結果、予想どおりにThismia属の新種と判明し、新たに「Thismia belumensis」と命名されました。

Thismia属は通常、シンメトリカルな花をもち、しばしば奇妙なアンテナ状の突起が見られます。

しかし、T. belumensisは花が輪っか状に広がって、ぱっくりと口を開ける「フード」のようになっていました。

ゴースト植物「フェアリーランタン」の新種を発見! 菌類から栄養素を盗む能力をもつ
(画像=花がフードのように口を開いている / Credit: phytokeys、『ナゾロジー』より 引用)

モスクワ大学の植物学者マキシム・ヌラリエフ氏は「Thismia属の中では非常に珍しい花の形であり、他に1種しか知られていません。その種も1927年以来、人の目には見つかっていないものです」と話します。

また、チェコのパラツキー大学オロモウツ校のマーティン・ダンチャク氏は「フードの形が受粉に関係している」と推測します。

フードの内表面は、内向きに生えた細かな毛に覆われており、昆虫をフードの中に入りやすくします。

それによって花粉を運んでもらっているようですが、他方で、毛が内向きに生えているので、後退して外に出るのは難しくなるとのこと。

ゴースト植物「フェアリーランタン」の新種を発見! 菌類から栄養素を盗む能力をもつ
(画像=新種の内部構造 / Credit: phytokeys、『ナゾロジー』より 引用)

「これは一部の食虫植物に見られる昆虫のトラッピングに似た構造である」とダンチャク氏は説明します。

しかし、T. belumensisは肉食性ではなく、フードの下側にはちゃんと昆虫が抜け出られるような穴が2つ確認されています。

また、Thismia属は光合成に必要な葉緑素が欠如しており、代わりに菌類から栄養素を盗むのですが、新種にも同じ機能があると見られます。

新種はすでに減少の危機にあると思われ、研究チームは今後、生態を詳しく調査して保護を進める予定です。


参考文献

Fairy lantern flower has a gaping ‘mouth’ and saps energy from fungi


提供元・ナゾロジー

【関連記事】
ウミウシに「セルフ斬首と胴体再生」の新行動を発見 生首から心臓まで再生できる(日本)
人間に必要な「1日の水分量」は、他の霊長類の半分だと判明! 森からの脱出に成功した要因か
深海の微生物は「自然に起こる水分解」からエネルギーを得ていた?! エイリアン発見につながる研究結果
「生体工学網膜」が失明治療に革命を起こす?
人工培養脳を「乳児の脳」まで生育することに成功