30年前に提唱された仮説

これについて、ドイツ人科学者のホディックとシーバースは、1988年に「カルシウムイオンの濃度変化が関係しているのではないか」と推測しました。

彼らの仮説は以下の通りです。

  • ハエトリソウの感覚毛を刺激すると電気信号が発生し、細胞内のカルシウムイオン濃度が上がる
  • 放出したカルシウムイオンは蓄積し、ある一定の閾値を超えると葉が閉じる
  • 1回目の刺激だけでは閾値を超えず、もう1度刺激を与えなければならない
  • カルシウムイオン濃度は徐々に減少し、30秒以上経つと、2回目の刺激を与えても閾値を超えなくなる
食虫植物ハエトリソウの”葉が閉じるメカニズム”を解明!30年前の仮説を日本の研究チームが実証
カルシウムイオン濃度が上昇し、ある閾値を超えると葉が閉じる / Credit: 基礎生物学研究所(画像=『ナゾロジー』より 引用)

2人のアイデアは当時から説得力のあるものでしたが、カルシウムイオン濃度の変化を測定する方法がなく、30年以上にわたり実験されてこなかったのです。