自分が将来年金をどの程度受け取れるのか、気になる人も多いだろう。会社員が加入する厚生年金は標準報酬月額によって決まるため、年収が多い人ほど年金受給額も多くなる。今回は年収500万円と1,000万円の場合の年金受給額をシミュレーションで算出し、どのくらいの差が出るのか解説する。

年収500万円と1,000万円の場合の年金受給額

年収500万円の年金受給額は?

年収500万円の場合、厚生年金の受給額は年間107万円で、毎月8.9万円となる。

一方で、老齢基礎年金は82万円、毎月6.5万円だ。

合計189万円、毎月にすると15.4万円が受給額となる。

一人暮らしでぜいたくをしなければ、年金だけでも毎月の生活を何とか回せる程度の収入と考えられる。

夫婦二人暮らしや子どもが同居する場合では、生活を本人の年金だけで支えるのは難しい。配偶者の年金や子どもの収入なども必要となるだろう。

年収1,000万円の年金受給額は?

年収1,000万円だと厚生年金は年間215万円、毎月17.9万円だ。

老齢基礎年金は先ほどと同じく年間82万円、毎月6.5万円である。

よって合計で年間297万円、毎月24.4万円が受給額だ。

年収500万円の場合と比較すると、年間で108万円、毎月では9万円増える計算となる。

毎月24万円が受給できると、一人暮らしならかなり楽に生活できるレベルだろう。

夫婦二人暮らしでも、ぜいたくをしなければ十分に暮らしを送れる水準と考えられる。

貯蓄もある程度取り崩せるなら、旅行や外食を楽しめる。

いずれにしても年収500万円の場合の受給額より、生計に余裕ができることは間違いない。