世界的な新型コロナウイルスの感染拡大に伴い、世界の航空会社は大きな影響を受けていますが、各国の入国制限などの規制緩和に伴い、航空便の再開や増便の動きが活発化しています。

国際航空運送協会(IATA)が6月7日に発表した、2022年4月の世界の航空貨物需要によれば、これまで航空貨物は旺盛な需要が見られてきた一方、コロナ禍とウクライナ情勢の影響により、4月は需要の落ち込みと搭載スペースの縮小傾向が見られました。

IATAのウィリー・ウォルシュ事務局長は、シンガポールで開催されたチャンギ航空サミットで5月17日、アジア太平洋地域市場の回復が遅れていることを指摘しました。

ここ2年にわたり2019年比で10%を下回っていたアジア太平洋の国際線旅客数は、今年3月には17%まで回復したものの、依然として世界平均の60%を大きく下回っている状況です。

特に日本と中国の水際対策などの対応を批判し、水際対策緩和を要請しました。

なお日本の国土交通省は6月から、政府の水際対策方針に基づき航空会社に要請している搭乗者数制限を緩和し、国内の航空会社に対しては、これまでの1週間あたり17,500名以下から35,000名以下に上限を緩和します。

またJALやANAなど航空10社が発表したゴールデンウィークの利用実績によると、旅客数は国際線が前年同期比4.66倍となる14万1,156人、国内線は2倍近い98.2%増の266万6,281人となり、10社平均の座席利用率(L/F)は国際線が47.7ポイント上昇して66.7%、国内線は20.0ポイント上昇して67.1%となりました。

特に国際線は、ハワイ方面の一部便で満席になるなど需要回復の兆しが見られています。

目次
【東アジア】国際線の再開や増便相次ぐ
 ・日本
 ・韓国
 ・香港
 ・台湾
【東南アジア】タイやベトナムで日本路線の再開続々
 ・タイ
 ・ベトナム
 ・シンガポール
 ・マレーシア
 ・フィリピン
 ・ブルネイ

【東アジア】国際線の再開や増便相次ぐ

日本国内では、国際線の再開や増便が相次いでおり、韓国や香港、台湾でも増便など運航拡大の動きが活発化しています。

日本

ANA(全日本空輸)は、ロシア・ウクライナ情勢の影響により運休していた東京/羽田〜パリ線について、7月7日から運航を再開します。

また7月1日から東京/羽田〜ロンドン線をデイリー運航に増便するほか、北米とアジア路線を中心に増便し、国際線の運航率は6月と7月が28%、8月から10月が27%となります。

JAL(日本航空)は、東京/羽田〜モスクワ線と東京/成田〜ウラジオストク線のロシア2路線について、9月30日までの運休を決定しました。

7月から東京/羽田〜パリ線をデイリー運航、9月から東京/成田〜メルボルン線を週3便運航するほか、8月に東京/羽田・大阪/関西〜ホノルル線を増便し、名古屋/中部〜ホノルル線と東京/成田〜コナ・グアム線の運航も再開します。

減便率は7月が56%、8月が36%、9月が34%となっています。

ZIPAIR Tokyoは、6月1日から東京/成田〜ソウル/仁川線を週6便に増便します。

ジェットスター航空は、7月21日から東京/成田〜ケアンズ線、7月26日から大阪/関西〜ケアンズ線の運航を約2年3か月ぶりに再開します。

さらに8月2日からは、東京/成田〜ゴールドコースト線の運航も週3便で再開します。

なおピーチ・アビエーションは新型コロナウイルス感染拡大の影響や、為替や原油価格高騰の影響による運航コストの増加を反映し、6月7日午後10時以降販売分から運賃や料金、手数料を改定すると発表しました。

またソラシドエアが発表した2022年3月期決算は、純損益が29億3,900万円の赤字となりました。

韓国

アシアナ航空は、5月11日から福岡〜ソウル/仁川線を週3便に、5月12日から大阪/関西〜ソウル/仁川線をデイリー運航に、5月25日から名古屋/中部〜ソウル/仁川線を週2便に増便します。

また東京/成田〜ソウル/仁川線に、6月1日から機材を大型化しエアバスA330−300型機を投入します。

チェジュ航空は、7月1日から福岡〜ソウル/仁川線の運航を再開し、8月5日から名古屋/中部〜ソウル/仁川線の運航を週3便で再開します。

エアプサンも7月1日から大阪/関西〜釜山線を週2便で再開し、成田・関空〜ソウル線も6月27日から週2便に増便します。

またチャンギ国際空港は、9月からターミナル4、10月からターミナル2出発ホール南側の運用を再開します。

香港

キャセイパシフィック航空は、7月から週2便に大阪/関西〜香港線の運航を拡大し、東京/成田〜香港線の運航も大幅に拡大します。

また同社は、香港政府による78億香港ドルのつなぎ融資延長を歓迎する声明を発表しました。

台湾

台湾のチャイナエアラインは6月6日、台北(松山)~羽田線を7月から1日1往復のデイリーに増便すると発表しました。

さらに台北(桃園)~関西線も週3往復へ増便します。

また6月1日から7月31日発券分を対象として、国際線利用客が航空券購入時に支払う燃油特別付加運賃(燃油サーチャージ)を引き上げます。

【東南アジア】タイやベトナムで日本路線の再開続々

タイ国際航空が7月から東京/羽田〜バンコク線の運航をデイリー運航で再開するほか、ベトナム航空も東京/羽田〜ハノイ線や東京/成田〜ダナン線を再開するなど、日本路線の再開が相次いでいます。

タイ

タイ・エアアジアXは、個人旅行客の出入国規制に伴い、6月5日に予定していた東京/成田〜バンコク/スワンナプーム線の開設を延期し、7月1日から週4便を運航します。

また5月17日にタイ中央破産裁判所に再生計画を申請し、翌18日に受理されたと発表しました。

さらに同社は、日本・ソウル路線のサブスクリプションサービス「KR/JP SUPER+」をタイ居住者向けに提供します。

タイ国際航空は、7月1日から東京/羽田〜バンコク線の運航をデイリー運航で再開します。

またタイ・ベトジェットエアは、7月16日に福岡〜バンコク/スワンナプーム線を開設します。

ベトナム

ベトナム航空は7月1日から、東京/羽田〜ハノイ線を週4便、東京/成田〜ダナン線を週3便で再開します。

さらに東京/成田〜ホーチミン線は週4便からデイリー運航に、名古屋/中部〜ハノイ線を週2便から週4便に、名古屋/中部・福岡〜ホーチミン線と福岡〜ハノイ線は週1便から週2便へと増便します。

またバンブー・エアウェイズが6月1日から東京/成田〜ハノイ線をデイリー運航に増便するほか、ベトジェットエアが7月に名古屋/中部・福岡〜ハノイ線を開設すると発表しました。

シンガポール

チャンギ・エアポート・グループは、5月29日からシンガポール・チャンギ国際空港第2ターミナルの運用を再開すると発表しました。

アップグレード工事のため2020年5月から閉鎖されていましたが、今後の乗客数の増加に対応するため再開するものです。

またシンガポール航空が発表した2022年3月期の連結業績は、純損益が9億6,200万シンガポールドルの赤字となりました。

マレーシア

マレーシア航空は、5月25日にクアラルンプール~ドーハ線を開設し、8月14日からは東京/羽田〜クアラルンプール線を週2便で開設します。

また日本発着マレーシア以遠への往復航空券の購入により、マレーシア国内線1区間が無料になる「Bonus Side Trip」の販売を開始しました。

さらに同社は、クアラルンプール~ドーハ線の開設を受けて、カタール航空との戦略的パートナーシップを強化し、共同運航(コードシェア)を大幅に拡大します。

フィリピン

フィリピン航空は7月2日から、第1・第3土曜の月2便のみ運航してきた東京/成田〜セブ線を、月6便に増便します。

また7月21日からは、大阪/関西〜セブ線の運航を再開します。

ブルネイ

ロイヤルブルネイ航空は8月3日から、バンダルスリブガワン~成田線の運航を再開します。

機材はエアバスA320neoを引き続き投入し、当初は週2往復、9月からは週4往復に増便する予定となっています。