観光庁は、令和4年(2022年)4月の延べ宿泊者数を公表しました。

4月の延べ宿泊者数(全体)は、3,380万人泊、前年同月比50.6%増でした。日本人の延べ宿泊者数でみると、新型コロナウイルス感染拡大以前の2019年比85%、全体でも6割程以上の水準にまで回復してきています。

客室稼働率は43.2%でした。ビジネスホテルの稼働率は50%を上回っており、ビジネス需要を中心に戻りつつあることが分かります。

4月の延べ宿泊者数は3,380万人泊

2022年4月の延べ宿泊者数は3,380万人泊で、前年同月比50.6%増でした。緊急事態宣言、まん延防止等重点措置が解除されて時間が経過したこともあり、大幅に増加したと考えられます。

日本人延べ宿泊者数は3,329万人泊、前年同月比49.8%増で、新型コロナウイルス禍以前の2019年比では15.6%減となりました。今年に入り、順調に回復している様子がうかがえます。

外国人延べ宿泊者数は51万人泊で、前年同月比126.1%増でした。入国制限が緩和され、入国人数が増加したこともあり、ほぼ2倍の水準となっています。

6月からは外国人観光客の受け入れがついに解禁されたため、さらなる増加が見込まれます。

2022年4月の延べ宿泊者数は3,380万人、前年同月比50%超増 2019年比6割まで回復
(画像=▲延べ宿泊者数の推移:観光庁より訪日ラボ作成、『訪日ラボ』より引用)

客室稼働率は43.2%で、前年同月差11.5%増加でした。最も稼働率が高かったのはビジネスホテルで54.2%でした。

リゾートホテルは宿泊施設の種類別で最も稼働率が改善しました。前年同月差15.6%稼働率が改善し、38.0%となりました。

旅館にも徐々に回復の動きがみられ、前年同月差10.6%で稼働率は28.4%となりました。新型コロナウイルス感染拡大以前の2019年と比較すると、旅館は最も減少率が低く、2019年同月差11.3%減となっています。

なお、宿泊旅行統計調査3月分の第2次速報も発表されました。

国籍(出身地)別外国人延べ宿泊者数では、アメリカが最も多く、7.2万人でした。次いで、中国、フィリピンと続いています。

中国が2位に回復したものの、1位のアメリカとは4.2万人ほどの差があり、大変多くなっています。

また客室稼働率で、最も高かったのは3月に引き続き山口県の58.8%でした。なお、大分県ではシティホテルの稼働率が81.2%と上昇しています。

<参照>
観光庁:宿泊旅行統計調査

文・訪日ラボ編集部/提供元・訪日ラボ

【関連記事】
【独自】GoTo「良い影響ある」96.7% 、菅首相に「インバウンド期待」72.5% 海外向け情報発信の適切な時期と内容は:インバウンド対策意識調査
仏・Japan Expo創立者に聞いた、日本の魅力の「ニューウェーブ」とは?【訪日ラボ独占インタビュー】
外国人に大人気「アキバフクロウ」に実際に行ってわかった、「体験」へのこだわりとインバウンド対策の秘訣とは
インバウンド業界は「第三のフェーズ」へ-より戦略に精緻さ求められる時代に
【日中比較】新型コロナで売れた・売れない商品ランキング 「口紅」明暗分かれる