松島は、日本三景の1つに数えられる宮城県の観光スポットです。
その絶景は伊達政宗や松尾芭蕉をはじめ、古くより多くの人々を魅了してきました。

浮世絵に描かれた日本らしい趣ある風景だけでなく、伊達家ゆかりの寺院など、周辺には多くの見どころが点在しています。
JR仙台駅から電車で40分、車でも1時間前後と中心都市からのアクセスも良く、観光時に足を運びやすい立地にあるのも嬉しいポイント。

今回は自然豊かな景観に歴史、そして美味しいグルメなど様々な魅力が詰まった松島のおすすめ観光スポットをご紹介します。

新型コロナウイルスの感染拡大防止のため、臨時休業あるいは営業時間の変更等の措置を取っている店舗・施設がございます。

お出かけ前に、店舗・施設の公式HPやSNS等で最新情報のご確認をお願い致します。

目次
松島ってこんなところ!
<松島のおすすめ観光スポット>
 ・ 1. 松島湾の景色を一望できる「松島湾遊覧船クルージング」
 ・ 2. スカスカの橋にハラハラ!重要文化財の「五大堂」

松島ってこんなところ!

日本三景にも選ばれる景勝地!宮城県の松島観光おすすめスポット10選!
(画像=『TABI CHANNEL』より引用)

松島は、 宮城県 宮城郡松島町にある観光スポットです。

天橋立 や宮島と並んで、日本三景の1つにも数えられる景勝地です。

宮城県の中心都市である 仙台 からのアクセスも良く、日本三景の中でも年間観光客が一番多いのが松島だと言われています。

「松島や さて松島や 松島や」と、江戸時代後期の狂歌人・田原坊が句を読むのを忘れたと言われる景色が松島の大きな魅力。

大小合わせて250を超える島々が点在する松島湾の景色を楽しめる観光船クルーズ、「瑞巌寺」、「円通院」といった歴史情緒あふれる寺院巡りなど、その楽しみ方は多岐に渡ります。

観光スポットの他にも、宮城県ならではの名産品、豊富な海産物を生かした穴子や牡蠣を使った料理など、グルメにも恵まれている松島。

本記事では松島ならではの景勝地をはじめ、一日かけて楽しめる宮城県松島のおすすめ観光スポットを厳選してご紹介します。

松島は、JR「松島海岸駅」から徒歩圏内に主要な観光スポットが集まっています。

そのため、電車、車、どちらを使っても十分に観光スポットを満喫できる場所です。

松島には駅周辺から海沿い、少し陸地に入った場所まで、ホテルをはじめとする宿泊施設が充実しています。

松島観光を考えている方は、そんな目の前に日本三景が広がる絶景の宿に宿泊するのもおすすめです。

観光地らしく、海沿いの大通りにはお土産スポットや飲食店も豊富なので、買い物や食事の場所にも困りません。

日本三景にも選ばれる景勝地!宮城県の松島観光おすすめスポット10選!
(画像=『TABI CHANNEL』より引用)

車で訪れた際に心配になるのが駐車場ですが、海沿いを中心に1時間300円前後の有料駐車場があり、駅や松島湾から少し離れた陸部には無料の駐車場も点在しています。

平日の昼間なら十分にどの駐車場も空いていますが、休日は海沿いの駐車場が混み合うので、陸部の駐車場にも目を向けてみましょう。

<松島のおすすめ観光スポット>

ここでは、松島周辺に点在するおすすめの観光スポットをご紹介します。

松島ならではの美しい自然や歴史、ローカルグルメが楽しめるスポットなど多様なスポットを地元民の目線でまとめてみました。

観光に訪れる際はぜひ参考にしてください。

1. 松島湾の景色を一望できる「松島湾遊覧船クルージング」

日本三景にも選ばれる景勝地!宮城県の松島観光おすすめスポット10選!
(画像=『TABI CHANNEL』より引用)

日本三景にも選ばれている松島の景色を存分に楽しみたい方におすすめなのが「松島遊覧船クルーズ」です。

JR松島海岸駅から徒歩5分程の場所にある港から出港する遊覧船に乗って、松島湾の雄大な景色や200をゆうに超える島々を鑑賞しましょう。

船に乗るためのチケットは、海沿いに点在しているチケット売り場で購入できます。

あらかじめ乗船時間や観光で訪れる日程が決まっている方は、 松島遊覧船HP での購入も可能です。

チケットの値段は大人1,500円、子供750円となっています。

船のが出港する間隔は基本的に1時間おきなので、各自の観光予定と合わせて利用 しましょう。

ペット可の小型船、夏限定の「嵯峨渓コース」など、いくつかのプランがあるので自分好みのコースを選んでください。

筆者が乗船したのは、大型遊覧船で優雅に松島湾を巡る「仁王丸コース」。

立派な外観だけでなく、中に入ると広々とした座席でゆったりとくつろげるのが魅力です。

日本三景にも選ばれる景勝地!宮城県の松島観光おすすめスポット10選!
(画像=『TABI CHANNEL』より引用)

船に乗ってしばらくするとスーッと船が進みだし、クルーズの開始です!

船内の座席は、新幹線や飛行機のように窓側に2列、真ん中に一列の座席が完備されています。

じっくりと腰掛けながら景色を鑑賞したい方は、船が港に着く前から列に並び、窓側の席を確保しましょう。

クルーズが始まると、窓側の席に座り景色を見る人、デッキに出て外の風に触れながらクルーズを楽しむ人に大きく分かれます。

窓側の席を確保できなかった場合は、爽やかな潮風を肌で感じられるデッキに出るのがおすすめです。

写真は、出港まもなくデッキから船の後方を撮ったもの。

船のスクリューによって起きる水流の奥には、のどかな松島の町並みが広がっています。

日本三景にも選ばれる景勝地!宮城県の松島観光おすすめスポット10選!
(画像=『TABI CHANNEL』より引用)

船のデッキに出ると、松島湾に浮かぶ、大小合わせて200を超える島々が目の前に現れます。

乗った船が仁王丸の場合、デッキの進行方向左手には様々な島々、右手にはのどかな松島湾の景色が広がるので、自分好みの方面の景色を眺めましょう。

見どころとなる島々が豊富な左手に比べ、デッキ右手は比較的観光客も少なく空いているため、ゆったり景色を写真に収めたり鑑賞したりしたい方は右手に陣取るのがおすすめです。

日本三景にも選ばれる景勝地!宮城県の松島観光おすすめスポット10選!
(画像=『TABI CHANNEL』より引用)

遠くに見える島々と波も少ない穏やかな海は見ているだけでも癒されます。

デッキに出て海を眺めてくるとカモメが船に寄り添うように飛んでくるので、それを眺めるのも楽しみの1つです。

ただし、エサを目当てに来ているカモメもいるので、スマホやお菓子など目立つものをカモメの前に差し出す際は注意をしましょう。

一周50分と程よい時間で見所もあるクルーズ船での船旅を観光の際は、ぜひ楽しんでみてください。

松島遊覧船クルーズ

住所 : 宮城県宮城郡松島町松島字町内85

アクセス : JR仙石線松島海岸駅から徒歩5分、もしくはJR東北本線松島駅から徒歩15分

電話番号 : 022-354-2233

定休日 : 不定休

営業時間 : 9:00~16:00(冬季は15:00)

料金 : 大人1,500円、子供750円

2. スカスカの橋にハラハラ!重要文化財の「五大堂」

日本三景にも選ばれる景勝地!宮城県の松島観光おすすめスポット10選!
(画像=『TABI CHANNEL』より引用)

松島海岸駅から徒歩5分、海沿いの道を歩いていくと見えるお堂が「五大堂」です。

五大堂は、1604年に武将である伊達政宗が建築した東北地方最古の桃山建築で、国の重要文化財にも選ばれています。

海沿いにありながら、松島の内陸部にある瑞巌寺と呼ばれる寺の境内と捉えられているのも特徴です。

小島にあるお堂に行くには2つの橋を渡ります。

周辺を海に囲まれた景色、赤く塗られた木造の橋は思わず写真に収めたくなる姿です。

日本三景にも選ばれる景勝地!宮城県の松島観光おすすめスポット10選!
(画像=『TABI CHANNEL』より引用)

五大堂に行くまでに渡る二つの橋には特徴があります。

この橋のワクワクポイントであり、小さな子供連れの方には注意ポイントにもなる特徴が足元の隙間です。

梯子上に作られた橋は、所々に大きな隙間があるので、気を付けて渡るようにしてください。

余裕がある方は、じっくりと足元の隙間から見える海を覗いてみるのもおすすめです。

日本三景にも選ばれる景勝地!宮城県の松島観光おすすめスポット10選!
(画像=『TABI CHANNEL』より引用)

橋を渡り切った先に見える大きなお堂が「五大堂」です。

出島の上にぽっかりと見えるこちらのお堂は、どっしりとした瓦屋根、木造の建築で見る人を圧倒します。

お賽銭箱がお堂の目の前にあるので、観光の際はお参りをして願い事を唱えてみましょう。

お堂の中には平安時代に作られたといわれる「五大明王」の姿があります。

こちらは33年に一度の開帳で、次回開帳日は2039年となっているそうです。

五大堂

住所 : 宮城県宮城郡松島町松島町内111

アクセス : JR仙石線松島海岸駅から徒歩7分

電話番号 : 022-354-2618(松島観光協会)

定休日 : 年中無休

営業時間 : 8:00~17:00(季節により変動あり)

料金 : 拝観自由