クレジットカードを便利に使っている人は多いはずだ。そんなクレジットカードに記された長い数字。このカード番号、実は完全にランダムに決められたものではない。番号にはある程度の情報が盛り込まれているのだ。

左から6ケタはカード会社・ブランド

まず、カード番号はブランドごとに14~16ケタという違いがある。最も長い16ケタはVisa、Mastercard、JCBで、15ケタはアメリカン・エキスプレス、14ケタはダイナースクラブが該当する。

三菱UFJニコスと三井住友カードのホームページによると、左端から6ケタは発行者識別番号で、発行したカード会社や国際ブランドが分かる。最初の1ケタ目はVisaなら「4」、Mastercardは「5」となる。

続く7ケタ目から末尾の2ケタ目までは、会員個人に割り振られる。最初の6ケタは誰が発行したかを示す番号であるのに対し、誰のために発行したカードかを示しているわけだ。

最後の1ケタは、ある意味で最も「クレジットカードらしい」番号となる。カードの真贋を見極めるための重要な番号で、当然、各カード会社のホームページを確認しても詳しく説明されていない。

ウェブなどで情報を調べると、最後の1ケタは直前の3ケタを足した数字が割り当てられる、といったルールがあるケースもあるようだが、カード会社によって法則は異なり、いずれにしても各社で特殊なアルゴリズムの下に数字が割り当てられているらしい。

セキュリティーコードは何のためにある?

クレジットカードの表面にある14~16ケタの番号の他に、多くのブランドでは裏面に3ケタか4ケタの「セキュリティーコード」が記されている。これは「いまカードの現物を持っている」ということの証明に使われる。

カードには磁気ストライプやICチップにカード番号をはじめとした情報が記録されている。この点、セキュリティーコードはカード内部にデータとして記憶されているわけではない。

インターネットショッピングでは、買い手がカードの現物を持っているかどうか、売り手は確認できない。しかし、セキュリティーコードの入力を求めることで、買い手がカード現物を持っていることの証しになるのだ。

クレジットカードではこのほか、有効期限は「月・年」の順で記す、といった共通のルールもある。クレジットカードと数字……話題に事欠かないトピックだ。

文・MONEY TIMES編集部

【関連記事】
サラリーマンができる9つの節税対策 医療費控除、住宅ローン控除、扶養控除……
退職金の相場は?会社員は平均いくらもらえるのか
>後悔必至...株価「爆上げ」銘柄3選コロナが追い風で15倍に...!?
【初心者向け】ネット証券おすすめランキング|手数料やツールを徹底比較
>1万円以下で買える!米国株(アメリカ株)おすすめの高配当利回りランキングTOP10!