単純なデータが大発見につながった

馬サイズの「中型恐竜」が存在しなかった理由をついに解明!
(画像=恐竜の体重分布という基本的な分析が大発見につながった / Credit:Canva、『ナゾロジー』より引用)

今回の研究により「中型」肉食恐竜が多くの地域で不在であった原因が解明されました。

大型の肉食哺乳類の子どもも、中型に相当する時期がありますが、成長が早く2~3数年で大人になります。

一方で、数十メートルに達する大型の肉食恐竜の子どもの場合、成長にかなりの時間を要し、中型種の限界である、体重1000キロを脱するには10年近くを要します。

これらの結果は、大型の肉食恐竜の若者たちが、本来の中型肉食種の位置を独占するのに十分な数が存在していたことを示唆します。

他の地域から侵入した中型種が生き残るためには、大型種の大人から逃げると同時に、彼らの若者とも獲物を巡る生存競争をしなければなりません。

しかも競争相手となる大型種の若者たちは日々成長し、ある時点を過ぎると侵入してきた中型種にとって致命的な捕食者に変貌します。

このような環境で中型の肉食種が生き延びるのはほぼ不可能といえます。

今回の研究でも、数少ない中型の肉食種が確認された地域では、大型肉食種がいないか、影響力が薄い地域に限られていたことも示されています。

馬サイズの「中型恐竜」が存在しなかった理由をついに解明!
(画像=今回の研究論文の第一著者であるシュローダー氏 / Credit:UNM、『ナゾロジー』より引用)

しかし、肉食恐竜の体重分布といった基本的な情報分析が、大きな発見につながったのは驚きと言うべきです。

恐竜たちの生態には、まだまだ私たちが気付いていない面白い性質が潜んでいるのかもしれませんね。


参考文献

We Finally Know Why Dinosaurs Were Either Humongous or Tiny, Unlike Modern Animals

元論文

The influence of juvenile dinosaurs on community structure and diversity


提供元・ナゾロジー

【関連記事】
ウミウシに「セルフ斬首と胴体再生」の新行動を発見 生首から心臓まで再生できる(日本)
人間に必要な「1日の水分量」は、他の霊長類の半分だと判明! 森からの脱出に成功した要因か
深海の微生物は「自然に起こる水分解」からエネルギーを得ていた?! エイリアン発見につながる研究結果
「生体工学網膜」が失明治療に革命を起こす?
人工培養脳を「乳児の脳」まで生育することに成功