アフリカ大陸の北西に位置するモロッコ。
四方を異なる文化に囲まれ、現在までに独自の文化を確立させました。
近年、日本でもタジン鍋やアルガンオイルなどの産地として名を知られ、モロッコを訪れる人も増えています。

モロッコはヨーロッパやアフリカ、中近東の文化が入り混じり、その多彩さに目移りするばかりの魅惑の国です。
異国情緒たっぷりでさらには街中に猫、猫、猫!

本記事ではモロッコに行くなら絶対外せない定番観光地をはじめ、モロッコでのショッピングやグルメ情報も合わせてご紹介します。

新型コロナウイルスの感染拡大防止のため、臨時休業あるいは営業時間の変更等の措置を取っている店舗・施設がございます。

お出かけ前に、店舗・施設の公式HPやSNS等で最新情報のご確認をお願い致します。

目次
旅する人を飽きさせない!モロッコの魅力とは?
モロッコってどんな国?

旅する人を飽きさせない!モロッコの魅力とは?

インスタ映え抜群のシャウエンに砂漠に屋台!モロッコの必見観光地13選
(画像=『TABI CHANNEL』より引用)

モロッコに観光に行きました!という人、身近にいますか?

モロッコの魅力はエキゾチックで神秘的な雰囲気が漂う、まるで絵画のようにカラフルな街並み。

都市部では猫をあちこちで見かけます。猫好きにはたまりませんね。

また、アフリカ大陸に根付いている民族文化や、情緒溢れるフランス的精神、アラビアンなイスラム文化が混じり合い、地域によって異なった文化を持ち、街によって様々な個性があるので飽きません。

更には世界遺産がたくさんある国です。

そして比較的治安もよく、女性が好きな綺麗なものがたくさんあるので、女子旅にもオススメなのです。

今回はそんな神秘の国モロッコの情報と観光に行くならばオススメしたい場所を13か所厳選しました!

まずは、モロッコとはどのようなところなのか見ていきましょう。

モロッコってどんな国?

モロッコは北アフリカ北西部に位置し、首都はラバトです。

有名なサハラ砂漠とヨーロピアンなイメージの地中海に囲まれています。

日本人が観光で訪れるのは毎年3万人ほどと言われています。

言語はモロッコ方言のアラビア語。

しかしそれぞれの地方によって微妙に異なるベルベル語というモロッコ独自の言葉を話す人たちもいます。

また、かつてはフランスの植民地であり、フランス語を話す人も多く、モロッコの一部の土地にスペインが残ってるため、北部はスペイン語も通じます。

ちなみに、私たち日本人の頼みの英語は、大きな観光地の有名な観光地で通じる程度です。

山間部など、奥地に観光に行く際は、あらかじめ勉強していくか辞書が必須ですね!