お久しぶりです、くどぅちゃんです。全国的に暖かさが増し『春全開』と言ったところでしょうか。バイカーならばツーリングに行く機会も増えるだけに「お気に入りのギアで全身を固めて颯爽と走るオレorアタシって…何かカッコイイ!」と妄想している方々も多いのではないでしょうか。

かく言う私もその類なんですが、現在着用しているメッシュジャケットは相当使い込んでいるだけに、そろそろ新しい“今風”のヤツに買い換えたいな~なんて考えてたら、イイのがありました! それが今回ご紹介する『ヘンリービギンズ フィールドメッシュジャケット』です。

目次
テキスタイル生地とメッシュ生地を合わせたハイブリッド仕様
 ・フードは着脱式を採用
 ・ジッパータブ装備でグローブ着用時でも操作しやすい
 ・細かい気配りでバイカーをサポート
プロテクターはオプション装着でグレードアップ可能
 ・オプションの胸部プロテクター挿入スペースも用意

テキスタイル生地とメッシュ生地を合わせたハイブリッド仕様

今風の落ち着いたバイク用ジャケット『ヘンリービギンズ フィールドメッシュジャケット』
(画像=『Moto Megane』より引用)
今風の落ち着いたバイク用ジャケット『ヘンリービギンズ フィールドメッシュジャケット』
(画像=『Moto Megane』より引用)
今風の落ち着いたバイク用ジャケット『ヘンリービギンズ フィールドメッシュジャケット』
(画像=『Moto Megane』より引用)

●品番:HBJ-059 ●商品名:フィールドメッシュジャケット ●カラー:オリーブ・ブラウン・ブラック ●サイズ:M・L・XL・2XL ●プロテクター:肩・肘・脊椎 ●価格:11,000円(税込み)

このジャケットはナイロン由来の軽くてしなやかなテキスタイル生地と、通気性に優れたメッシュ生地を合わせたハイブリッド仕様。ライディング時に風が当たりやすい箇所には風防効果が期待できるテキスタイル生地を配置して体温を下げすぎないように、そして胸下から背中、腕の内側にかけてはメッシュ生地を配置して風通しを良くすると同時に、汗をかくことで発生する水分を外気へと放出し、ムレを防ぐといった工夫が施されています。

今風の落ち着いたバイク用ジャケット『ヘンリービギンズ フィールドメッシュジャケット』
(画像=オリーブ、『Moto Megane』より引用)
今風の落ち着いたバイク用ジャケット『ヘンリービギンズ フィールドメッシュジャケット』
(画像=ブラウン、『Moto Megane』より引用)
今風の落ち着いたバイク用ジャケット『ヘンリービギンズ フィールドメッシュジャケット』
(画像=ブラック、『Moto Megane』より引用)

フードは着脱式を採用

今風の落ち着いたバイク用ジャケット『ヘンリービギンズ フィールドメッシュジャケット』
(画像=フードあり、『Moto Megane』より引用)
今風の落ち着いたバイク用ジャケット『ヘンリービギンズ フィールドメッシュジャケット』
(画像=フードなし、『Moto Megane』より引用)

襟周りにはテキスタイル生地によるフードを装備。右側にはヘンリービギンズの頭文字である『h』がプリントされています。ちなみに、ボタン&ベルクロテープによる着脱式なので、用途や好みに合わせて外すこともできます。

ジッパータブ装備でグローブ着用時でも操作しやすい

今風の落ち着いたバイク用ジャケット『ヘンリービギンズ フィールドメッシュジャケット』
(画像=襟元開口部ジッパー、『Moto Megane』より引用)
今風の落ち着いたバイク用ジャケット『ヘンリービギンズ フィールドメッシュジャケット』
(画像=ポケット部ジッパー、『Moto Megane』より引用)

フロントやポケットのジッパーにはジッパータブを装備。グローブをはめたままでも開閉操作がしやすく、胸元を開けて風通しを良くしたり、ポケットに入れた小物を取り出したりするときに慌てずスムーズに行うことができます。

細かい気配りでバイカーをサポート

今風の落ち着いたバイク用ジャケット『ヘンリービギンズ フィールドメッシュジャケット』
(画像=袖口、『Moto Megane』より引用)
今風の落ち着いたバイク用ジャケット『ヘンリービギンズ フィールドメッシュジャケット』
(画像=フロントジッパー箱部分、『Moto Megane』より引用)
今風の落ち着いたバイク用ジャケット『ヘンリービギンズ フィールドメッシュジャケット』
(画像=裾部分のドローコード、『Moto Megane』より引用)

袖口もベルクロテープの無段階締め込み式なので、手首周りがスッキリしたモノからプロテクション効果が高いゴツいモノまで、あらゆるタイプのグローブと合わせることができます。そしてフロントジッパーの箱部分にはベルクロテープ製のカバーが装着されていて、バイクにまたがったときにタンクに擦れてキズが付くことを防止してくれます。また、裾の両サイドにはドローコードを装備し、身体への密着性を高めて外気の侵入をシャットアウトできます。

プロテクターはオプション装着でグレードアップ可能

今風の落ち着いたバイク用ジャケット『ヘンリービギンズ フィールドメッシュジャケット』
(画像=『Moto Megane』より引用)

プロテクターは肩、肘、脊椎の5ヶ所に装備していますが、オプション装備でより安全性を高めたSAS-TECプロテクター(欧州規格EN1621-1レベル2クリア)に変更することもできます。グレーカラーのペア販売モデルはパンチング加工が施され、肩、肘、膝に使用することができます。イエローカラーの単体販売モデルは着用時はソフトな感触ながらも、万が一衝撃が加わったときには瞬時に硬化してバイカーを守ってくれます。肩、肘、膝に使用可能で、背中プロテクターもラインナップされています。

今風の落ち着いたバイク用ジャケット『ヘンリービギンズ フィールドメッシュジャケット』
(画像=SAS-TEC 肩、ひじ、ひざ用プロテクター パンチング ペア Lサイズ 2,310円(税込)、『Moto Megane』より引用)
今風の落ち着いたバイク用ジャケット『ヘンリービギンズ フィールドメッシュジャケット』
(画像=SAS-TEC 肩、ひじ、ひざ用プロテクター パンチング ペア Mサイズ 2,310円(税込)、『Moto Megane』より引用)
今風の落ち着いたバイク用ジャケット『ヘンリービギンズ フィールドメッシュジャケット』
(画像=SAS-TEC 肩 ひじ ひざ用プロテクター 単体 Lサイズ 2,640円(税込)、『Moto Megane』より引用)
今風の落ち着いたバイク用ジャケット『ヘンリービギンズ フィールドメッシュジャケット』
(画像=SAS-TEC 肩 ひじ ひざ用プロテクター 単体 Mサイズ 2,530円(税込)、『Moto Megane』より引用)
今風の落ち着いたバイク用ジャケット『ヘンリービギンズ フィールドメッシュジャケット』
(画像=SAS-TEC 背中プロテクター レベル1:4,180円(税込) レベル2:4,400円(税込)、『Moto Megane』より引用)

オプションの胸部プロテクター挿入スペースも用意

今風の落ち着いたバイク用ジャケット『ヘンリービギンズ フィールドメッシュジャケット』
(画像=『Moto Megane』より引用)

胸元の左右内側に、ヤケに大きな内ポケットがあるな…と思ったら、実はオプションのSAS-TEC胸部プロテクターを挿入するためのスペース。このプロテクターはチェストプロテクターの欧州規格であるprEN1621-3レベル1をクリアしており、同時にJMCAが推奨する胸部プロテクターレベル1の安全性も獲得しています。こちらも普段はソフトな装着感ながら、衝撃が加わると一瞬で硬化して胸部への大きなダメージを抑制してくれるので、ぜひともジャケットと一緒に購入してほしい安全装備です。

今風の落ち着いたバイク用ジャケット『ヘンリービギンズ フィールドメッシュジャケット』
(画像=SAS-TEC 胸部プロテクター CP-2 (セパレートタイプ) 2,970円(税込)、『Moto Megane』より引用)