目次
ツアー実施における対応
マスク着用については適切な説明が必要

ツアー実施における対応

ガイドラインには他にも、宿泊事業者は施設内に外国語のリーフレット掲示を行うことなどが記載されています。

政府、インバウンド受け入れガイドライン発表 マスク着用ルール周知など明記
(画像=▲個別感染防止策のリーフレットの例(多言語版)、『訪日ラボ』より引用)

旅行業者は、添乗員へ多言語対応可能な医療機関、専門的な医療通訳等に関する情報、自治体が設置する相談窓口等の情報などの共有を徹底するよう求められます。

さらに、添乗員は陽性が確認された場合の濃厚接触者の範囲特定を行うため、旅行中のツアー参加者の行動履歴の保存も必要となります。

旅行業者は、ツアー参加者に対し、帰国後1週間以内に新型コロナウイルス感染症の陽性と診断された場合には、旅行業者に対してその旨を連絡するよう要請することも求められます。

マスク着用については適切な説明が必要

添乗員は、感染防止対策の遵守に関する場面ごとのこまめな声かけや注意喚起が要求されます。

訪日観光実証ではマスク着用について以下のことが確認されました。

マスク着用が不要と考えられるのは、入浴時 ・屋外でのアクティビティ(カヌー、トレッキング、果物狩り等) ・混雑していない観光地での散策(人との接触がある場面の前後では、マスクをこまめに着脱)でした。

特に留意すべき場面と対応は、食事時に飲食店において基本的な感染防止対策が実施されていることを前提に、会話の際は大声を控えること・寺社内や美術館等の混み合った施設内ではマスク着用の上、会話を控えることです。

また、添乗員は最新のマスク着用の考え方について十分に理解することも必要となります。

現在国では、屋外では2メートル以上を目安として他者との距離が確保できる場合や屋外で人とすれ違うことはあっても、会話はほとんど行わない場合マスクを着用する必要ありません。 屋内でも他者との距離が確保できており、会話がほとんどない場合は、マスク着用は不要です。

一方、屋外であっても、近い距離で会話をするような場面では引き続きマスクの着用を推奨されます。

屋内に関しては、距離が確保できない場合で、会話を行うときはマスクの着用を推奨し、電車の中など距離が確保できない場合で、会話をほとんど行わないときについても、着用が求められます。

<参照>

・観光庁:「外国人観光客の受入れ対応に関するガイドライン」を策定しました

文・訪日ラボ編集部/提供元・訪日ラボ

【関連記事】
【独自】GoTo「良い影響ある」96.7% 、菅首相に「インバウンド期待」72.5% 海外向け情報発信の適切な時期と内容は:インバウンド対策意識調査
仏・Japan Expo創立者に聞いた、日本の魅力の「ニューウェーブ」とは?【訪日ラボ独占インタビュー】
外国人に大人気「アキバフクロウ」に実際に行ってわかった、「体験」へのこだわりとインバウンド対策の秘訣とは
インバウンド業界は「第三のフェーズ」へ-より戦略に精緻さ求められる時代に
【日中比較】新型コロナで売れた・売れない商品ランキング 「口紅」明暗分かれる