ボクサーやアメフト選手は、絶えず頭部に衝撃が加わるため、脳損傷のリスクを抱えながら戦っています。

実際、脳損傷が原因で亡くなったり、引退後に麻痺や認知障害を患ったりする人もいるようです。

では、頭突きで戦う動物たちは、同じようなリスクを抱えながら戦っているのでしょうか?

この疑問に答えるため、アメリカ・マウントサイナイ医科大学(Icahn School of Medicine at Mount Sinai)に所属する神経科学者ニコール・アッカーマンズ氏ら研究チームは、ジャコウウシ(学名:Ovibos moschatus)とビックホーン(学名:Ovis canadensis)の脳を直接検証しました。

研究の詳細は、2022年5月17日付の学術誌『Acta Neuropathologica』に掲載されています。

目次
頭突きする動物は脳損傷から守られているのか?
頭突きする動物の脳はやっぱり損傷していた

頭突きする動物は脳損傷から守られているのか?

頭突きで対決する動物って脳とか大丈夫なの? 研究者「駄目みたいです」
(画像=ヒトは頭部への衝撃で脳に損傷を負う / Credit:Depositphotos、『ナゾロジー』より引用)

「外傷性脳損傷(略称:TBI)」は、頭部に衝撃が加わることで起こる脳損傷です。

重症な場合は、認知機能や人格に大きな変化が生じたり、身体が麻痺したりします。

また軽度の外傷性脳損傷を繰り返し受けることで、数年たった後に認知症のような症状の「慢性外傷性脳症(略称:CTE)」を発症する場合もあります。

私たちヒトは、交通事故や過激なスポーツ(ボクシング・アメフト・アイスホッケーなど)によって、これらを患うことが多いと言われています。

頭突きで対決する動物って脳とか大丈夫なの? 研究者「駄目みたいです」
(画像=ジャコウウシ / Credit:Depositphotos、『ナゾロジー』より引用)

ところが「頭突きで戦う動物たちは脳に損傷を負わない」という通説があります。

例えばジャコウウシは、オス同士が頭突きしながら角を突き合わせて激しく争います。

突進時の速度は時速50km以上になることもあるのだとか。

それでも「頭突きする動物の脳は頭突きに耐える特別製であり、損傷しない」と考えらえてきました。

とはいえ、いくつかの研究では、ジャコウウシがボーっとしているなど、外傷性脳損傷の症状が見られるという報告も提出されています。

そこでアッカーマンズ氏ら研究チームは、これまで行われてこなかった頭突き動物の脳の直接検証を行うことにしました。

頭突き動物の脳はどのような状態になっているのでしょうか?

頭突きする動物の脳はやっぱり損傷していた

頭突きで対決する動物って脳とか大丈夫なの? 研究者「駄目みたいです」
(画像=ジャコウウシの脳をスライスすると脳損傷の傾向が見られた / Credit:Nicole L. Ackermans(Icahn School of Medicine at Mount Sinai)et al., Acta Neuropathologica(2022)、『ナゾロジー』より引用)

研究チームは、自然死した野生のジャコウウシ3頭とビッグホーン4頭の脳を薄くスライスし、状態を検査しました。

比較対象として、アルツハイマー病を患っていたヒト患者の脳と、慢性外傷性脳症を患っていたヒト患者の脳も使用されました。

その結果、ジャコウウシの脳には、「リン酸化したタウタンパク質」が特定のパターンで蓄積していると判明。

このパターンは、アルツハイマー病患者や慢性外傷性脳症患者においてしばしば見られる特徴です。

研究チームも、ジャコウウシで見つかったパターンについて、「軽度の外傷性脳損傷、または初期の慢性外傷性脳症を連想させる」と指摘しています。

つまり頭突きで戦う動物ジャコウウシの脳は、やっぱり損傷していたのです。

頭突きで対決する動物って脳とか大丈夫なの? 研究者「駄目みたいです」
(画像=ビッグホーンも頭突きするが、今回の調査では脳損傷の兆候は見られなかった / Credit:Depositphotos、『ナゾロジー』より引用)

ただし今回の研究にはいくつもの限界や疑問点があります。

そもそもサンプル数が少なく、同じ頭突き動物であるビッグホーンに脳損傷の兆候がなかった理由も不明なままです。

研究チームは、「ビッグホーンの脳損傷が少ない理由を解明することで、外傷性脳損傷の新しい治療につながるかもしれない」とも考えているようです。

とはいえ現段階で引き出せる教訓は、次のようなものでしょう。

屈強な頭突き動物であっても脳を損傷するのであれば、私たち人間は、頭部への衝撃に対してもっと慎重にならなければいない、というものです。


参考文献

Scientists See Signs of Traumatic Brain Injury in Headbutting Muskox

Headbutts hurt the brain, even for a musk ox

元論文

Evidence of traumatic brain injury in headbutting bovids


提供元・ナゾロジー

【関連記事】
ウミウシに「セルフ斬首と胴体再生」の新行動を発見 生首から心臓まで再生できる(日本)
人間に必要な「1日の水分量」は、他の霊長類の半分だと判明! 森からの脱出に成功した要因か
深海の微生物は「自然に起こる水分解」からエネルギーを得ていた?! エイリアン発見につながる研究結果
「生体工学網膜」が失明治療に革命を起こす?
人工培養脳を「乳児の脳」まで生育することに成功