今、中古車市場に注目が集まっている。中古車の需要が増えており、ポルシェのような高級車も、衝撃の安さで中古車市場に出ている。そこで気になるのが、安い価格で販売されている理由だろう。

ここでは、ポルシェの中古車市場の現状や安さの理由について解説する。

ポルシェの中古車の値段はどれくらい?

まずは、ポルシェの中古車がどれくらいの値段で販売されているのかを見ていこう。ポルシェの中古車にもさまざまな価格帯があるが、安いものでは次のような車がある。

2018ポルシェ 718Boxster  710万円
2018ポルシェ 718Cayman  750万円
2017ポルシェ Panamera4S 890万円
2018ポルシェ MacanGTS  828万円
2019ポルシェ Cayenne S 998万円
(ポルシェジャパン:ポルシェ中古車検索ロケーター調べ)

調べてみると、ポルシェのさまざまな車種で1,000万円以下のものが販売されていることが分かった。思ったより安いと感じる人も多いのではないだろうか。

年式や走行距離に注意、衝撃の安さの理由とは

上記ではポルシェジャパンの値段を記載したが、系列店でない場合、さらに低い金額になることも多い。では、ポルシェなどの高級車でも、中古車が安くなるのはなぜだろうか。主な理由には、次のものがある。

年式

基本的に、年式が古い車は高級車でも値段が安くなりやすい。

走行距離

走行距離が長い車は部品などが痛むことが多く、値段が安くなりやすい。

事故車

過去に事故を起こした車は、事故歴車と表示の上販売されている。事故車は走行能力に問題はないが、ユーザーから避けられる傾向にあるため、値段が安く設定されている。

修復歴車や冠水車

過去に大きな修理を行った車や水没事故に合った車も、修復歴車や冠水車と表示され販売されている。こちらも、事故車と同様に走行能力に問題がないが、やはりユーザーから避けられやすく、値段が安く設定されている。

不人気車

そもそも人気のない車は、需要が低く値段が安く設定されている。

ポルシェの中古車を購入するなら、値段が安い理由をしっかりと把握しよう

ポルシェの中古車は、1,000万円以下で販売されているものも多い。値段が安いものには、年式が古かったり走行距離が長かったりするなど、さまざまな理由がある。また、特別な理由がないのに、値段が安いのは何か欠陥がある可能性もある。ポルシェの中古車を購入するなら、値段とその背景にある事情をしっかり把握しよう。

文・はせがわあきこ

【関連記事】
サラリーマンができる9つの節税対策 医療費控除、住宅ローン控除、扶養控除……
退職金の相場は?会社員は平均いくらもらえるのか
>後悔必至...株価「爆上げ」銘柄3選コロナが追い風で15倍に...!?
【初心者向け】ネット証券おすすめランキング|手数料やツールを徹底比較
>1万円以下で買える!米国株(アメリカ株)おすすめの高配当利回りランキングTOP10!