世界経済フォーラムは5月24日、世界117の国と地域の観光競争力をランキングした「Travel & Tourism Development Index 2021」を発表しました。

この調査は各国の観光資源の豊富さや観光インフラの整備のレベル、そしてそれらの持続可能性を、複数の国際機関の調査から数値化し、ランキングにしたものです。

この調査の最新版では欧米各国を抑え日本が初めて1位を獲得しました。

日本固有の観光資源の豊富さや、交通・宿泊の観光インフラの利便性などが特に高く評価されたことで、順位を伸ばす結果となりました。

目次
自然・文化資源と観光インフラで高い評価
コロナ禍に加え、ウクライナ危機も観光回復に逆風

自然・文化資源と観光インフラで高い評価

スイスのダボス会議を主催することで知られる世界経済フォーラムは本調査を、2007年の調査開始以来約2年に1回のペースで行っています。

観光に関する各国の政策や、観光資源の豊富さなどを評価するものであり、UNWTO(国連世界観光機関)やIATA(国際航空運送協会)などをはじめとする国際機関の統計データをもとに、各国・地域の観光競争力を数値化しています。

また分析にあたっては、複数の評価軸が設定されています。今回の調査の評価軸は、「環境整備(治安・医療など)」「旅行・観光政策」「観光インフラ」「観光資源」「持続可能性」の5つとなっています。

観光競争力ランキング、日本が初の世界1位に 観光資源・インフラが高評価
(画像=▲世界経済フォーラム:Travel & Tourism Development Index 2021、『訪日ラボ』より引用)

今回、日本は調査開始以来初となる首位を獲得しました。1位から10位までのランキングは以下のようになっています。

  1. 日本
  2. アメリカ
  3. スペイン
  4. フランス
  5. ドイツ
  6. スイス
  7. オーストラリア
  8. イギリス
  9. シンガポール
  10. イタリア

上位には、欧米とアジア・大洋州の経済大国が並ぶ結果となりました。上位の顔ぶれに、前回2019年の調査からの大きな変動は見られませんでした。

日本が首位を獲得する原動力となったのが、自然・文化資源の豊富さと、観光インフラの利便性です。

新型コロナウイルスに関連する入国制限により、外国人観光客の入国ができなかった2021年においても、日本の文化は高い人気を得ていたことがわかります。そこに交通機関の安定性、宿泊施設の充実といったインフラ面の充実が加わり、ハード・ソフトの両面で高評価を得ることになりました。

昨年開催された東京オリンピックも、こうしたインフラが急速に整備された要因の一つであると考えられます。海外からの観客を受け入れることはできませんでしたが、誘致が決定してからの期間で、外国人観光客の受け入れ態勢の整備は進んでいました。

また日本の治安の良さも高評価を得ました。海外旅行客にとって、「安心して行ける国」として認識されていると考えられます。

コロナ禍に加え、ウクライナ危機も観光回復に逆風

世界経済フォーラムのレポートは、新型コロナウイルスのパンデミックは「近現代の旅行・観光産業にとっての最悪の危機である」としました。ワクチン接種の広がりや渡航制限の緩和などが、観光回復の契機とはなったものの、その回復について「ペースが遅く、不安定で脆弱だ」と冷静な見方を示しました。

またウクライナ危機についても、サプライチェーンの乱れや天然資源の高騰などの影響を挙げ、「観光回復に新たな負荷をかけている」としました。

こうした世界的な危機に対応するためにも、「観光・旅行業界のさらなる開発の必要性はかつてないほど高まっている」とし、開発の必要性を訴えました。

世界経済を上向かせる原動力となるためにも、海外旅行の全面的な再開・復興が待たれます。

<参照>

世界経済フォーラム:Travel & Tourism Development Index 2021

文・訪日ラボ編集部/提供元・訪日ラボ

【関連記事】
【独自】GoTo「良い影響ある」96.7% 、菅首相に「インバウンド期待」72.5% 海外向け情報発信の適切な時期と内容は:インバウンド対策意識調査
仏・Japan Expo創立者に聞いた、日本の魅力の「ニューウェーブ」とは?【訪日ラボ独占インタビュー】
外国人に大人気「アキバフクロウ」に実際に行ってわかった、「体験」へのこだわりとインバウンド対策の秘訣とは
インバウンド業界は「第三のフェーズ」へ-より戦略に精緻さ求められる時代に
【日中比較】新型コロナで売れた・売れない商品ランキング 「口紅」明暗分かれる