岸田首相は本日26日の夜、都内で開催された国際会議にて、外国人観光客の受け入れを来月の10日から再開する方針を表明したと、FNNが報道しました。

目次
陽性率が低い国からは「入国時検査を行わない」
訪日外国人観光客受け入れの実証実験、5月24日から進行中

陽性率が低い国からは「入国時検査を行わない」

FNNの報道によると、岸田首相は本日都内で開催された国際交流会議「アジアの未来」晩餐会のあいさつの中で、6月1日から、1日の入国者総数を2万人に引き上げると表明したということです。

加えて現在実施している実証事業とガイドライン策定を受けて、「来月10日から、添乗員付きのパッケージツアーでの観光客受け入れを再開する」と表明しました。

さらに新型コロナウイルスの陽性率が低い国については「入国時検査を行わずに入国を認めることにする」と述べたということです。

そして北海道の新千歳空港と沖縄県の那覇空港について、6月中に国際線の受け入れを再開できるよう準備を進めるとしました。

訪日外国人観光客受け入れの実証実験、5月24日から進行中

インバウンド再開への実証実験として、政府はすでに5月24日からアメリカなど4カ国からの少人数のツアー旅行を受け入れています。

この実証実験で得られたデータに基づいて、感染予防のガイドラインが策定されるということです。

岸田首相は加えて本日の国際会議にて、「今後も感染状況を見ながら、段階的に、平時同様の受け入れを目指していく」と述べています。

文・訪日ラボ編集部/提供元・訪日ラボ

【関連記事】
【独自】GoTo「良い影響ある」96.7% 、菅首相に「インバウンド期待」72.5% 海外向け情報発信の適切な時期と内容は:インバウンド対策意識調査
仏・Japan Expo創立者に聞いた、日本の魅力の「ニューウェーブ」とは?【訪日ラボ独占インタビュー】
外国人に大人気「アキバフクロウ」に実際に行ってわかった、「体験」へのこだわりとインバウンド対策の秘訣とは
インバウンド業界は「第三のフェーズ」へ-より戦略に精緻さ求められる時代に
【日中比較】新型コロナで売れた・売れない商品ランキング 「口紅」明暗分かれる