運転免許証には12桁の運転免許証番号が付与されているが、実はその数字には秘密がある。ここでは、運転免許証の数字の秘密について紹介しよう。

運転免許証の12桁の番号の意味は?

運転免許証には、所持者それぞれに固有となる12桁の番号が記載されている。実は、運転免許証の12桁の番号は大きく5つに分類され、それぞれには意味がある。運転免許証の12桁の番号の意味は、次のようになっている。

・1~2桁目の数字
左から1~2桁目の数字は、「管轄の都道府県番号」だ。一般的には「公安委員会コードナンバー」と呼ばれている。公安委員会には、それぞれコードナンバーが付与されており、初めて免許証の交付を受けた公安委員会のコードナンバーが1~2桁目に記載されている。

・3~4桁目の数字
左から3~4桁目の数字は「初めて免許を取得した年」を表している。免許を取得した西暦の下2桁が、運転免許証の3~4桁目の数字である。

例えば、1991年取得であれば「91」に、2001年取得であれば「01」になる。3~4桁目の数字みれば、いつ免許証を取得したのか、すぐわかるようになっている。

・5~10桁目の数字
左から5~10桁目の数字は、「公安委員会の管理番号」だ。公安委員会が、免許証を管理するために使っている。各都道府県によって番号をつける基準が異なり、重複することはない。

5~10桁目の数字は、どのように決まっているのかが公表されていないため、学科試験の点数が記されているのではないかなど、さまざまな説がまことしやかに唱えられている。 ただし、その真偽は定かではない(どちらかというと間違いのようである)。

・11桁目の数字
左から11桁目の数字は、「チェックディジット」である。チェックディジットとは、検証用の数字のことで、入力ミスを検出するために設定されている。この数字は、運転免許証を再発行しても変わることはない。

・12桁目の数字
左から12桁目の数字は、「再交付回数」を表している。紛失・盗難などで再発行を受けると、この数字は増えていく。ただし、運転免許証番号が確認できる破損や汚れの場合は、数字はそのままだ。

また、免許の更新では数字は増えない。再発行を受けていなければ、12桁目の数字は「0」で、再交付を受ける都度「1」「2」と増えていく。