宇宙には太陽の100億倍という質量を持った超大質量ブラックホールも確認されていますが、果たしてブラックホールとはどこまで巨大になれるものなのでしょうか?

11月24日に科学雑誌『王立天文学会月報』で発表された新しい研究は、SLABsと呼ばれる超巨大なブラックホールは、通常考えられているサイズ上限を超えて、太陽質量の1000億倍、つまりは銀河に匹敵するサイズになる可能性がある、と報告しています。

この上限解放されたとてつもないブラックホールは、見えない重力源「暗黒物質」の謎についても説明する可能性があるといいます。

目次

  1. 上限解放された天の川銀河サイズのブラックホール

上限解放された天の川銀河サイズのブラックホール

銀河サイズの「途方もなく大きなブラックホール」が存在する可能性がある
(画像=メシエ101に基づいた銀河中心の超大質量ブラックホールのイメージ。 / Credit:NASA/JPL-Caltech、『ナゾロジー』より引用)

天の川銀河の中心には、核となる超大質量ブラックホールが存在すると考えられており、その質量は太陽の400万倍と推定されています。

さらにはるか彼方の宇宙には、クエーサーと呼ばれる天体があり、これは大きいものだと太陽の100億倍という質量を持った超大質量ブラックホールです。

このようにブラックホールは非常に巨大なものが見つかっていますが、それでもそのサイズには上限があるように見えます。

基本的に超大質量ブラックホールは、太陽質量の100万倍から100億倍をいくらか超えた範囲の中に収まっています。

しかし、ロンドン大学クイーン・メアリー校の研究チームは、このブラックホールの上限サイズを超えた、SLABs(stupendously large black holes)という途方もなく巨大なブラックホールのクラスが存在するかもしれない、と報告しています。

研究チームはこのSLABsが、銀河が宇宙に現れるよりも前の、初期宇宙で形成された原始ブラックホールであると考えています。

原始ブラックホールは通常の星の崩壊による誕生ではなく、初期宇宙の物質の密度差により領域自体が崩壊して誕生したと考えられています。

通常のメカニズムとは異なるため、原始ブラックホールは地球サイズ以下の非常に小さいものから、途方もなく巨大なものまで存在すると予想されています。

それは現在想定されているブラックホールのサイズ上限を超えて、太陽質量の1000億倍以上となり、大きさはその高密度を考慮しても天の川銀河のサイズにまで達する可能性があります。

銀河サイズの「途方もなく大きなブラックホール」が存在する可能性がある
(画像=銀河サイズのブラックホールも存在するかもしれない。それがなにもない星間空間にあり、降着円盤が作られなかった場合、見ることはできない巨大な重力源になるかもしれない。 / Credit:ESO, ESA/Hubble, M. Kornmesser、『ナゾロジー』より引用)

もしそんなSLABsが存在した場合、暗黒物質をめぐる謎も解明されるかもしれません。

SLABsは、後の宇宙ではなにもない星間の暗い領域となる場所で誕生した可能性があり、宇宙の見えない重力的な影響、暗黒物質を説明する鍵になる可能性があるのです。

ただし、研究の筆頭著者であるバーナード・カー教授は「SLABsが存在する証拠があるわけではない」と、この研究について警告を述べています。

参考文献
Queen Mary, University of London

提供元・ナゾロジー

【関連記事】
ウミウシに「セルフ斬首と胴体再生」の新行動を発見 生首から心臓まで再生できる(日本)
人間に必要な「1日の水分量」は、他の霊長類の半分だと判明! 森からの脱出に成功した要因か
深海の微生物は「自然に起こる水分解」からエネルギーを得ていた?! エイリアン発見につながる研究結果
「生体工学網膜」が失明治療に革命を起こす?
人工培養脳を「乳児の脳」まで生育することに成功