ブッキング・ホールディングスなどの旅行関連会社が今年度の営業成績を発表しました。

それによると、各社が共通して売上高や総予約額の増加が拡大しており、観光業界からはインバウンドの再開を期待する声が上がっています。

全体として、世界が観光回復に向かって進んでいることが伺えます。

目次
ブッキング・ホールディングス、売上高・総予約額136%増
 ・ブッキングCEO「今夏に向けて旅行需要の回復は続く」
米エクスペディア、売上高81%増 赤字幅も大幅改善
 ・ エクスペディアCEO「観光、旅行も回復」

ブッキング・ホールディングス、売上高・総予約額136%増

ブッキング・ホールディングスは、世界最大の売上高を持つオンライン旅行会社であり、特に、宿泊予約の分野で世界最大の販売数を有しています。

今回、2022年第1四半期(1月~3月)の営業実績を発表しました。

売上高は、前年同期比136%増の27億ドル(約3,510億円)となりました。これにより、旅行需要の回復が続いていることが判明します。

しかし、当期損失は、前年同期の5,500万ドル(約72億円)から7億ドル(約910億円)に拡大しました。

これは、前年同期は3,200万ドル(約42億円)の株式益を計上した一方で、当期は、株式損失の9億8,700万ドル(約1,283億円)を計上させたことが原因です。

キャンセル数を含めた総予約額は、前年同期比129%増の273億ドル(約3.5兆円)と著しく増加しました。

ブッキングCEO「今夏に向けて旅行需要の回復は続く」

ブッキング・ホールディングスは、2022年第2四半期は、世界の旅行トレンドが引き続き強化されており、夏の繁忙期に向けて準備を進めています。

同社のグレン・フォーゲルCEOは、決算発表にあたって、「2022年の第2四半期もこれまでのところ世界的な旅行トレンドの回復が続いており、今夏もこの傾向が続くだろう」と話しています。

加えて、「ブッキングは、支払いプラットフォームを拡張していくなど、引き続きConnected Trip(コネクテッド・トリップ)戦略を進めていく」と表明しています。

ブッキング・ホールディングスは、回復基調の中で旅行需要を取り込むために、Booking.comの決済プラットフォームの拡大を進めています。

また、Connected Trip(コネクテッド・トリップ)の実現に向けて前進しています。

Connected Trip(コネクテッド・トリップ)について、フォーゲル氏は「すべての旅行に関するサービスをプラットフォーム上で、ワンストップでシームレスに予約できるようにしていく」と話しています。

米エクスペディア、売上高81%増 赤字幅も大幅改善

米エクスペディア・グループは、2022年第1四半期(1月~3月)の営業実績を発表しました。

それによると、オミクロン株の感染拡大やウクライナ危機などがあったものの、2021年比で増収を達成し、損失も大幅に改善しました。

売上高は、前年同期比81%増の22億4,900万ドル(約2,924億円)に増加し、当期損益は、前年同期の6億600万ドル(約789億円)から1億2,200万ドル(約159億円)と大きく改善しました。

総予約額も前年同期比58%増の244億1,200万ドル(約2.9兆円)と大幅に増加しました。

部門別の売上高は、旅行比較「トリバゴ」を除いたエクスペディア・グループが前年同期比80%増の21億7,200万ドル(約2,824億円)でした。

トリバゴは、前年同期比153%増の1億1,600万ドル(約151億円)です。

また、プロダクト・サービス別の売上高では、宿泊が全体の72%を占め、前年同期比78%増の16億1,000万ドル(約2,093億円)と大幅に増加しました。

航空は、前年同期比50%増の7,400万ドル(約96億円)となり、宿泊では、ホテル、バケーションレンタルとも泊数が増加し、平均客室単価(ADR)も上昇しました。

エクスペディアCEO「観光、旅行も回復」

同グループのピーター・カーン副会長兼CEOは、「旅行市場の完全な回復に欠かせない都市観光、ビジネス旅行、海外旅行も回復している」と話しました。

今年の旅行需要の回復に期待感を示しています。