2004年アテネ、08年北京五輪柔道男子66キロ級を連覇した内柴正人氏は現在、熊本県内の温浴施設でマネジャーを務めている。18年からキルギス共和国の柔道総監督に就任し、19年秋に帰国した後は柔術と柔道の練習をしながら働く、いち社会人となった。

これまで、彼はどんな日々を過ごしてきたのか。内柴氏本人がつづる心象風景のコラム連載、今回は「ショックだった出来事」の第3回。
柔道指導を頼まれて教えていると、周囲からストップがかかるという出来事をここ半年間で経験した。
求められたら教える、去る者は追わないスタンスで毎週木曜日に練習会を開いている。

目次
指導した中学生を高校へ送り出す
「内柴式打ち込み」は独特

指導した中学生を高校へ送り出す

この話の最後に。
今春、東京へ送り出す前日まで中学生が練習に来ていました。
教えたのは数カ月間かな。
しばらく毎日教えていました。

「俺に習ってるって知られたら、高校でいじめられるぞ。だから言うなよ」

でも、この独特の打ち込み……こんなのやっていたら「どこで習ったんだ?」って言われるから、バレないように、でもバカにされないように、習ったことを高校でも続けられるように――どうやってやればいいのだろうか!

「内柴式打ち込み」は独特

【連載「生きる理由」68】柔道金メダリスト・内柴正人氏 「ショックだった出来事」③
(画像=さまざまな方法を試して強くなっていった内柴氏の「打ち込み」は、ひと味違う
(写真:本人提供)、『mimiyori』より引用)

僕がやる僕の打ち込みは極めていますから、僕がやれば普通。
でも、弟子がやると、まだまだヘンテコなものになる。

ヘンテコ期に進学するとなると、行った先で何と言われるのだろうか。
いじめられないだろうか。
心配で心配で、この数カ月間、少しでもまともに内柴スタイルの打ち込みをすり込んでいました。

そうしたら、行った先の高校ですでにバレていたんだそうです。
いじめられなければいいけど。心配しかない。