Zの呪縛はもはや過去のもの!? 快進撃を続けるZ900RS

今なお輝きを放ち続けるZ1!ゼファーもZ900RSもすべてのルーツはここにある!?【70s旧車バイク戦国時代】
(画像=『Moto Megane』より引用)

しかし、Z1を強く意識しているにも関わらず、そんな先祖の呪縛などどこふく風で快進撃を続けるのがカワサキZ900RSだ。

乗りやすく、コンパクトな車体と、必要にして十分なエンジンパワー。また、カスタムの素材として手を入れる余地が残された車体は、老若男女幅広いバイクファンの心に火をつけた。

また、パーツコンストラクターもその素養に注目。Z900RSのカスタムパーツは新鮮なニュースで溢れている。

私もZ900RSのイベントに取材に行き、多くのオーナーの話を聞いたが、みな、Z1のことはよく知らないし、特に好きでもないし、憧れも持っていないというのが特徴だった。

Z900RSオーナーはZ1など関係なく、あくまでZ900RSが好きで、乗って、カスタムしてSNSなどを通じて交流してバイクライフを楽しんでいるのである。

Z1は確かに偉大なバイクであり、その“バイブス”と“エッセンス”は今後のカワサキ車にも引き継がれていくかもしれないが、すでにZ900RSは独立した人気を誇り、多くのファンを抱える名車の素質に溢れている。

文・丸山淳大/提供元・Moto Megane

【関連記事】
新旧X-ADVどちらも所有したオーナーだからわかる違いとは?
スクーター乗りの私が選ぶライディングシューズ3足
バイクで行くデイキャンプ。普段のツーリングにこれだけギアを追加すれば、簡単に楽しめる。おすすめ装備と荷物の積載方法を解説!はじめての「ソロ」・「デイ」・「キャン」第1回
遊び道具!? 仕事道具!? 一台あれば生活が激変し、QOLが急上昇する。道具(ギア)としての原付2種(125CCクラス)8台。
Kawasaki「Z900RS」の魅力をブラッシュアップするパーツ群“ARCHI(アーキ)”の魅力