絶版バイクファンならずとも、多くのライダーにその名を知られるのがカワサキZ1である。

デザイン、メカニズム、走りと三位一体となって完成しつくされたパッケージは凄まじいインパクトがあり、特にZ1の初期型に採用された「ファイヤーボール(火の玉カラー)」は、カワサキを象徴するカラーとなった。

今なお輝きを放ち続けるZ1!ゼファーもZ900RSもすべてのルーツはここにある!?【70s旧車バイク戦国時代】
(画像=Z900RS 50th Anniversary、『Moto Megane』より引用)

火の玉カラーは、ゼファーでもZ900RSでも採用され、人気を博している。

今なお輝きを放ち続けるZ1!ゼファーもZ900RSもすべてのルーツはここにある!?【70s旧車バイク戦国時代】
(画像=ゼファー750 ファイヤーボールカラー、『Moto Megane』より引用)

目次
Z1誕生の影にホンダCBがあり!
Z1の凄さはメカニズムにあり!
 ・耐久性を重視し、コストを度外視した設計
 ・高い整備性も多くのファンを生む秘密
 ・テールカウルを有した洗練のデザイン

Z1誕生の影にホンダCBがあり!

1960年代カワサキにはバーチカルツインエンジンのWシリーズと2ストローク3気筒エンジンのマッハシリーズの2台の人気モデルが存在していたが、どちらも大陸横断をするような大型ツーリングバイクとしての素養は持っていなかった。

そこで、アメリカ市場に向けたバイクを新規開発していくことになるのだが、それは奇しくもホンダCB750Fourと同じベクトル上を進む結果となったのである。

68年に姿を現したホンダCB750Fourはカワサキ開発陣の度肝を抜くことになる。

エンジンこそ、CBのOHCに対しカワサキはDOHCと技術的に先行していたが、堂々としたスタイリングや豪華な装備は明らかに凌駕されていた。

強烈なライバルの登場により、カワサキは開発をストップ。CBを研究して、ライバルを超えるニューモデルの開発に向けて仕切り直しを行った。

この事実こそが、カワサキZ1の完成度に拍車をかけた理由である。

排気量は当時、ハーレーのスポーツスターに合わせて900ccし、車重や寸法はホンダCB750Four以内に収めることになった。

Z1の凄さはメカニズムにあり!

今なお輝きを放ち続けるZ1!ゼファーもZ900RSもすべてのルーツはここにある!?【70s旧車バイク戦国時代】
(画像=『Moto Megane』より引用)

50年前のバイクが現代の道路環境に於いて不足無く(というか十分速い!)乗れてしまうという事実は、冷静に考えると恐ろしいことである。

また、50年を経て、未だに高性能バイクと共に草レースで活躍しているという事実も、よく考えると驚愕ものだ。

つまり、カワサキZ1のエンジンは、先進性にあふれており、その後の排気量アップを見据えてマージンを持った設計がなされているのである。

Z1のパワーユニットはその後GPz1100Fまで存続されたのがその証明とも言えるだろう。

耐久性を重視し、コストを度外視した設計

ホンダCB750Fourのクランクシャフトは四輪エンジンの技術を転用したコストが安く、騒音の少ないプレーンベアリング支持が二輪車として初採用されていた。

それに対しカワサキZ1は排気量が大きく、高発熱&高出力に対応するため、当時としては信頼性に優れた組み立て式クランクシャフトをあえて採用する。

こうした設計思想がエンジン各部に通底しているからこそ、Zのエンジンは圧倒的な耐久性を有すると共に今でも補修やレストアが現実的に可能となっているのである。

高い整備性も多くのファンを生む秘密

ホンダCBのエンジンはヘッドカバーを外すにもフレームからエンジンを降ろさなければならない。

しかし、Z1のエンジンは、ヘッドからシリンダーまで、フレームに載った状態で整備が可能だ。そうすることで整備やメンテナンスの時間を大幅に短縮できることになる。

テールカウルを有した洗練のデザイン

ホンダCBはテールカウルを持たず、今見るとよりクラシックなイメージがある一方、カワサキはマッハシリーズからテールカウルのあるデザインを採用。現代にも通づるデザインである。

今なお輝きを放ち続けるZ1!ゼファーもZ900RSもすべてのルーツはここにある!?【70s旧車バイク戦国時代】
(画像=『Moto Megane』より引用)

また、ティアドロップタンクからテールまで流れるようなフォルムや、堂々とした4本マフラーなど理屈抜きで美しい姿はいつ見ても惚れ惚れする。