パンデミックが始まってから2年が経ち、世界各国ではウィズコロナとして感染抑制と観光再開を両立させる動きが広まっています。

ヨーロッパでは4月の航空利用率がコロナ前である2019年4月の82%程に回復、アメリカでもアウトバウンド再開の流れが目立っています。

ヨーロッパ、アジア、日本の各地域における今後の観光の動きはどのように変化しているのか航空量のデータや旅行の予約量の視点から紹介します。

目次
ヨーロッパ、コロナ禍以前より航空量約80%回復
アメリカでは国内観光に次いでアウトバウンドの需要も増加
日本では国内観光が主流に 国内ホテルの検索ボリューム244%増加

ヨーロッパ、コロナ禍以前より航空量約80%回復

航空交通管理組織であるEurocontorolの2022年4月のデータによると、ヨーロッパにおける航空交通は2019年のレベルの80%以上に回復しています。

先週の航空利用率は2019年の82.5%に達しており、特に格安航空会社(LCC)であるライアンエアーとウィズエアーが成長を牽引しています。

ライアンエアーの4月3週目の運航便数は2019年の同じ週に比べ10%増加、ハンガリーを拠点とする格安航空会社ウィズエアーでも運航便数が2019年に比べ17%増加しています。

ヨーロッパにおける運航便数上位10社のうちの残り8つの航空会社は未だ2019年の運航便数を下回っています。

主要航空会社であるルフトハンザ、ブリティッシュエアウェイズ、エールフランス、KLM、SASはすべて2019年の同じ週より約20%少ない運航便数で稼働しています。

空港の利用者数も回復しており、イギリスの空港での発着便は1日あたり平均4,771便です。これは2019年の利用便数の約82%を占めています。

各空港や航空会社でばらつきはありますが、ヨーロッパでの空港は着実に回復し続けています。

アメリカでは国内観光に次いでアウトバウンドの需要も増加

旅行保険会社であるAllianzPartnersによると、2022年の春休みの旅行予約は2021年の予約と比べて134%増加しました。 春休みの旅行の予約の8割が米国内での旅行を予定しています。

2022年2月18日から4月18日までの間に計画された5-8日間の旅程を分析したところ、ディズニーワールドがあるオーランドが6年連続で1位。フロリダの都市からも4つランクインしています。

また、ニューヨークやロサンゼルスなど、主要な大都市への旅行が約6倍に増加しています。

国際観光は依然として入国制限などの規制により未だ大きな回復は見られません。

しかし、航空会社による路線の再開や、観光客が2年間の間旅行体験を求めていたことにより需要は増加しています。海外の人気観光地はメキシコの都市が1位から3位にランクインしています。