数多あるカスタムスタイルのなかでも、アメリカのモーターサイクルカルチャーを色濃く伝えるスタイルがこの「ディガー」です。レーシングスピリットとチョッパーが絶妙に組み合わさったストリートドラッガーとも言えるディガーカスタムを解説します。

目次
ディガーカスタム
 ・ディガーとは
 ・ディガーカスタムの特徴

ディガーカスタム

ディガーとは

ディガー | カスタムバイクのスタイル紹介
(画像=ディガーカスタム、『Moto Megane』より引用)

ディガー(Digger)の語源は英語の「dig」(掘る)で、1970年代アメリカで人気の火付けとなった、直線コースでの最速スピードを競い合うレース「ドラッグレース」に参戦するドラッグレーサーから。「バーンアウト」(バーンナウトとも呼ばれます)という、スタートダッシュ時に必要なタイヤのグリップ力を高めるホイールスピンでもメルト(溶かし)アクションが、まるで路面を掘っているように見えることから その名の由来になりました。

ディガー | カスタムバイクのスタイル紹介
(画像=本場アメリカの競技用ドラッグレーサー、『Moto Megane』より引用)

この由来にあるとおり、ディガーはドラッグレースに原点を持つチョッパーカスタムの派生スタイルです。ドラッグレーサーにフォーカスしたロー & ロング(低く、長く)スタイルを極めたナローなフォルムが特徴で、それでいてレーサーのようにスピードを追求するのではなく、ストリートバイクとしてゴールドリーフなどを用いたデコラティブな仕上げがその特徴とされます。ネイキッドバイクを低くてナローなスタイルにするストリートドラッガーにも通ずる部分がありますが、それ以上に1970年代のチョッパーカスタムテイストを色濃く取り入れたのがディガーと言えるでしょう。

ディガー | カスタムバイクのスタイル紹介
(画像=アレン・ネス、『Moto Megane』より引用)

ディガーというストリートドラッガースタイルを確立させたのが、アメリカのカスタムカルチャーを語るうえで欠かせない重要人物アレン・ネスその人。ライバルであるロン・シムズと1970年代から1980年代にかけてディガースタイルのカスタムバイクを多く輩出し、新たなカスタムジャンルの確立に成功した御仁です。彼らの情熱なくしてディガーというカルチャーは存在し得なかったでしょう。

ディガーカスタムの特徴

ディガースタイルを象るうえで欠かせないディテールをご紹介します。

ドラッグバー

ディガー | カスタムバイクのスタイル紹介
(画像=真一文字のドラッグハンドルバー、『Moto Megane』より引用)

真一文字のパイプで形成されるハンドルバーがこのドラッグバー。文字どおりドラッグレーサーにルーツを持つシンプルな形状は、旋回性に欠けるもののナローなフォルムを実現するうえで重要な部位でもあります。いわゆる直線番長系カスタムの王道パーツですね。

ディガーの解釈はさまざまあり、このハンドル形状ひとつとっても「ドラッグバーでなければいけない」などということはありません。ポイントはナローなシルエットを生み出せているか。ロー & ロングであることがディガーのアイデンティティです、無駄を削ぎ落としシェイプされたシルエットであることが求められます。それが実現できていたら、ハンドルバーの形状はどのようなものでも良いと言えます。ドラッグバーはあくまで代表格という位置付けです。

ロケットタンク

ディガー | カスタムバイクのスタイル紹介
(画像=『Moto Megane』より引用)

コフィン(棺桶)タンクとも呼ばれる角張ったフューエルタンクもディガーのマナー。こちらもドラッグバー同様、「角張っていなければいけない」というわけではなく、シルエットをナローにできていれば基本的にOK。本気のディガーカスタムはグースネックフレームとタンクが一体型になったものがありますが、究極系としてご覧ください。

ディガー | カスタムバイクのスタイル紹介
(画像=『Moto Megane』より引用)

好みと目指す年代によりけりですが、ディガーが生まれた1970年代という時代をフォーカスすると、ゴールドリーフなどを用いたサイケデリックなグラフィックが施されているのがベストと言えます。グラフィックの選定時に重要なのか、どの時代背景を思い描いているか、になるでしょう。

フリスコテール

ディガー | カスタムバイクのスタイル紹介
(画像=『Moto Megane』より引用)

ディガーらしいリアエンドと言えば、英国生まれのルーカステールランプが埋め込まれたフリスコテール。ちなみにフリスコとは、サンフランシスコで流行したナローなストリートバイクカスタムの呼称のこと。アレン・ネスが拠点としていた米サンフランシスコを中心にクリエイティビティなカスタムバイク制作が繰り広げられていたからこそのチョイスと言えます。

もちろんこちらもマストではありません。「テイスト的に似合っているか」「独自の解釈に基づいて描けているボディメイクか」さえ握れている ナローで美しいリアエンドなら言うことなしです。