アメリカ疾病予防管理センター(以下、CDC)が延長を決めた公共交通機関でのマスク着用義務について、米フロリダ州の連邦裁判所は違法とする判決を下しました。

BBCの報道によると、CDCはマスク着用義務を5月3日まで延長しましたが、米フロリダ州の連邦裁判所の判決により各交通機関は独自の判断でマスク着用を決めることが可能になりました。

オミクロン株の新たな系統の拡大が懸念される現在、判断が分かれていることで混乱が広がっています。

目次
交通機関、マスク着用を独自判断で
客室乗務員協会、マスク着用について意見分かれる

交通機関、マスク着用を独自判断で

CDCが延長を決めた公共交通機関でのマスク着用義務について、米フロリダ州の連邦裁判所は、違法とする判決を下しました。

これにより、各交通機関は独自の判断でマスク着用を決めることが可能になりました。

米国の一般大衆紙、USA TODAYの報道によると、2021年1月に発表されたマスク義務化は、2022年 4月18日(月)に期限切れとなる予定でした。

航空会社や他の旅行業界関係者から規制緩和を繰り返し要請されていたにもかかわらず、マスク義務化の延長はこれで5回目(5月3日まで)となったということです。

しかし今回の違法とする判決により、ヒューストン、ロサンゼルス、ダラスなどの主要空港では、判決直後すぐにマスク着用義務を撤廃と決断しました。

また、米運輸保安局(TSA)は同日中にマスク着用義務化の解除を発表しました。

一方でCDCは、引き続き公共交通機関でのマスク着用を推奨していくと表明しています。

客室乗務員協会、マスク着用について意見分かれる

AP通信によると、米国最大の客室乗務員組合「客室乗務員協会」は、組合員の中でマスク着用について意見が別れていたため、最近まで着用義務について中立的な立場をとってきたことが判明しました。

同組合のサラ・ネルソン氏は、「航空会社が新しい手順を取り入れるまでには、24時間から48時間かかるため、今後の対応については航空会社に確認する必要がある」と語っています。

今回の判断は、トランプ前大統領が任命したキャスリン・キンボール・ミゼル裁判官によって行われました。

ミゼル裁判官は、判断にあたり「限定的な修正は全く修正にならない」と述べています。

ユナイテッド航空は、「従業員はマスクを着用する必要がなくなるが、CDCの推奨に従って、マスクを着用することも選択肢のひとつになる」と発表しました。

また、デルタ航空やアラスカ航空についても同様の声明を公表しています。