金富謙(キム・ブギョム)国務総理は15日会議を開き、新型コロナウイルス感染症の拡大防止に向け、2020年3月から取ってきた行動制限を解除するという方針を発表しました。

感染状況が落ち着き、医療提供体制が安定化していることから同措置が決定されました。

目次
飲食店の制限解除 25日からは娯楽施設での飲食も可能に
PCR検査なしの入国や国際線運航の増便も

飲食店の制限解除 25日からは娯楽施設での飲食も可能に

18日から、飲食店の利用時間を午前0時まで、人数を最大10人までとしてきた制限が解除されます。また、最大299人までに制限してきた集会や、収容定員の70%まで認めていた宗教施設の人数制限も解除されます。さらに25日からは映画館や劇場、屋内スポーツ施設など娯楽施設内での飲食も認められます。

一方、街中でのマスクの着用義務は継続する方針です。マスク着用について金国務総理は「室内での着用は当分の間、維持するが、屋外での着用は2週間後に状況を見て決める。」とコメントしています。

韓国政府は、新型コロナウイルスに対し、感染症が一定の地域や季節に繰り返し発生するという意味の「エンデミック」という言葉を使うことで、韓国がエンデミックへと転換する世界初の国家になれるという期待も示しています。新型コロナウイルスは現在、危険性が極めて高い感染症「1類感染症」から「2類感染症」(SARSやMERSなど)に位置付けられています。

また、金国務総理は感染者の対応について「自主隔離が義務ではなく、勧告になる」とコメントしています。

PCR検査なしの入国や国際線運航の増便も

韓国に長期滞在する外国人が11日からPCR検査の陰性証明書を提出しなくても再入国できるようになりました。

対象となるのは、韓国で感染が確認された長期滞在外国人です。外国人登録証もしくは永住証明書、国内居住申告証とともに、陰性が確認できる書類を提出すれば認められます。

また、国土交通部は今年末までに国際線の運航便数を、新型コロナ前の2019年の50%水準まで回復させる方針を明らかにしました。5月から仁川空港の国際線を増便し、地方空港の運行を再開する方針です。

<参照>

・KOREA.net:新型コロナ 行動制限解除 18日から、長期滞在外国人 陰性証明書提出せず、入国可能

文・訪日ラボ編集部/提供元・訪日ラボ

【関連記事】
【独自】GoTo「良い影響ある」96.7% 、菅首相に「インバウンド期待」72.5% 海外向け情報発信の適切な時期と内容は:インバウンド対策意識調査
仏・Japan Expo創立者に聞いた、日本の魅力の「ニューウェーブ」とは?【訪日ラボ独占インタビュー】
外国人に大人気「アキバフクロウ」に実際に行ってわかった、「体験」へのこだわりとインバウンド対策の秘訣とは
インバウンド業界は「第三のフェーズ」へ-より戦略に精緻さ求められる時代に
【日中比較】新型コロナで売れた・売れない商品ランキング 「口紅」明暗分かれる