英国のインバウンド業界団体であるUKinboundは8日、2022年のインバウンド市場動向について調査結果を発表しました。

3月にUKinboundメンバーを対象に調査したものであり、回答者の61%が4月/5月/6月の予約/訪問者数がコロナ禍以前を下回ると回答しています。一方で、39%の回答者はコロナ禍前と同程度か上回ると回答しており、同期間の収益についても45%の回答者が増加、55%の回答者が減少を予想しています。

目次
英国インバウンド市場に回復の兆し
 ・全水際対策撤廃の影響か 6割が「今後に自信あり」

英国インバウンド市場に回復の兆し

英国のインバウンド業界団体であるUKinboundは8日、2022年のインバウンド市場動向についてUKinboundメンバーを対象とした調査結果を発表しました。

回答者の61%が4月/5月/6月の予約がコロナ禍以前を下回ると回答しており、同期間の海外からの予約/訪問者数がコロナ禍前と比較して平均47%減少すると予想しています。

一方で、39%の回答者はコロナ禍前と同程度か上回ると回答しており、同期間の収益についても45%の回答者が増加、55%の回答者が平均49%の減少を予想しています。

7月から12月の期間では、50%の回答者が同期間の海外からの予約/訪問者数がコロナ禍前と比較して平均41%減少すると予想しています。一方で、50%の回答者はコロナ禍前と同程度か上回ると回答しています。

全水際対策撤廃の影響か 6割が「今後に自信あり」

英国は3月18日、新型コロナウイルス最後の水際対策となっていた、渡航者位置特定フォーム(PLF)の記入義務を撤廃しています。

こうした背景を踏まえ、UKinboundCEOのJoss Croft氏は「すべての英国の旅行制限の終了は、国際的な消費者にここで再び旅行を始める自信を与えました。2020年や2021年と比較すると、ビジネスは活況を呈していますが、2019年の繁栄と競合他社に大きく遅れをとっています」と述べています。

UKinboundメンバー間の自信も上昇傾向にあり、63%の回答者が今後12ヶ月間に自信ありと回答しています。2020年時点の自信水準は過去最低の11%でしたが、それ以降は着実な上昇傾向にあります。

文・訪日ラボ編集部/提供元・訪日ラボ

【関連記事】
【独自】GoTo「良い影響ある」96.7% 、菅首相に「インバウンド期待」72.5% 海外向け情報発信の適切な時期と内容は:インバウンド対策意識調査
仏・Japan Expo創立者に聞いた、日本の魅力の「ニューウェーブ」とは?【訪日ラボ独占インタビュー】
外国人に大人気「アキバフクロウ」に実際に行ってわかった、「体験」へのこだわりとインバウンド対策の秘訣とは
インバウンド業界は「第三のフェーズ」へ-より戦略に精緻さ求められる時代に
【日中比較】新型コロナで売れた・売れない商品ランキング 「口紅」明暗分かれる