現在、政府の水際対策により訪日外国人観光客は途絶えています。しかし訪日旅行を待望する人は多く、インバウンド需要の回復にも期待が高まります。

今後のインバウンド需要の回復ストーリーを考えたとき、「コロナ禍で離れ離れになってしまった親族や友人と再会したい」という気持ちは強いはずであり、そうした目的での訪日需要は早く戻ってくるのではないでしょうか。

そこでキーとなるのが、日本の在留外国人の存在です。在留外国人が多く住む地域には、それだけ多くの友人や親族が海外にいると考えられるからです。

日本で在留外国人が多い地域はどこなのか、またどの国籍の外国人が多く住んでいるのか、公的機関の情報から分析します。

目次
コロナ後期待される「VFR観光」とは
対外的な発信力を持つ在留外国人

コロナ後期待される「VFR観光」とは

現在日本への入国者数の上限は1日1万人まで緩和されましたが、外国人の入国はビジネスパーソンや留学生のみに制限されています。渡航制限の緩和がさらに進み、仮に観光目的の外国人の入国が再開されることになったとしても、最初は入国人数などの制限が課されることが予測されます。そのため、インバウンド需要の回復は段階的なものになると考えられます。

観光目的の往来が再開した後、制限の下であっても早い段階で需要が回復すると考えられているのが、「VFR」と呼ばれる形態の訪問です。VFRは「Visiting Friends and Relatives」の略で、「日本に住む友人や知人に会いに、本国の外国人が日本を訪れる」という動きのことです。

VFRが活発化すれば当然、在留外国人が多く住む地域にはそれだけ多くの知人が海外から訪問してくることになります。そのため、在留外国人が多く住む地域は、制限解除後の早い段階で、インバウンド需要の回復が見込めるということになります。

またどの国からの外国人が多く住んでいるかによっても、インバウンド関係者がとるべき施策も変わってきます。そのため、どんな国からの外国人が多く住んでいるか、地域ごとの特徴を把握することも重要です。

対外的な発信力を持つ在留外国人

日本に住む在留外国人の中には当然、FacebookやTwitterなどのSNS上で、日本での生活について発信している人がいます。 例えば都内の大学に通う留学生であれば、休日には都内を観光し、そこで撮った写真に感想を添えてインスタグラムに投稿することも考えられます。あるいは郊外に住む社会人でも、職場周辺の施設や飲食店の様子を、コメントと共にFacebookに投稿するかもしれません。

またそうした在留外国人の多くは、母国語で日本のことを紹介しているので、自国の人々にとって理解しやすい形で情報を発信していることになります。

このように、在留外国人は対外的な発信力を持つという点において、インバウンドに対して大きな影響力を持っています。そのため、どの地域にどの国の外国人が多く住んでいるかを分析することが重要になってくるのです。