4月4日、ベトナム保健省は、15日よりQRコードを使った新型コロナウイルスのワクチン接種証明書「ワクチンパスポート」の運用を開始すると明らかにしました。

目次

  1. 自身の接種状況を証明
  2. ベトナム、17カ国とワクチンパスポートの相互承認で合意済み

自身の接種状況を証明

4日、VNエクスプレスが伝えた情報によると、PC-COVIDというスマートフォンのアプリでは、市民が自身の接種状況を証明できるようになります。

QRコードには、氏名や生年月日、接種したワクチンの種類、回数、接種日付といった情報が記録されます。

記録された情報は、電子健康手帳やPC-COVIDなどのアプリ上で閲覧や提示が可能になります。

また、スマホを持たない人のために、保健省のサイトでも発行を受け付ける予定です。

その際、QRコードの有効期間は12カ月で、期限後は新たなコードが発行されます。

ベトナム、17カ国とワクチンパスポートの相互承認で合意済み

ベトナム外務省によると、ベトナムは日本や米国、韓国など17カ国とワクチンパスポートの相互承認で合意がなされています。

そのため、承認国にベトナム居住者が入国する場合、ワクチンパスポートを提示すれば、当該国が自国民に求めているのと同じ条件で入国が認められます。

また、ベトナムも相互承認国の居住者の入国を同様の条件で認めています。

ワクチンパスポートは、ハノイや南部ホーチミン市の一部病院で3月後半より試験的に発行されています。

文・訪日ラボ編集部/提供元・訪日ラボ

【関連記事】
【独自】GoTo「良い影響ある」96.7% 、菅首相に「インバウンド期待」72.5% 海外向け情報発信の適切な時期と内容は:インバウンド対策意識調査
仏・Japan Expo創立者に聞いた、日本の魅力の「ニューウェーブ」とは?【訪日ラボ独占インタビュー】
外国人に大人気「アキバフクロウ」に実際に行ってわかった、「体験」へのこだわりとインバウンド対策の秘訣とは
インバウンド業界は「第三のフェーズ」へ-より戦略に精緻さ求められる時代に
【日中比較】新型コロナで売れた・売れない商品ランキング 「口紅」明暗分かれる