世界的な新型コロナウイルスの感染拡大に伴い、世界各国では入国制限などの規制が続けられ、航空会社は依然として大きな影響を受けています。

国際航空運送協会(IATA)は3月1日、2024年までに航空業界全体の旅客数がコロナ禍以前の水準以上に回復するとの見通しを発表しました。

ただし北米で急速な回復を見込む一方で、アジア太平洋における回復は遅れが懸念されています。

またIATAが3月10日に発表した1月の航空旅客需要(RPK)は、前年同月比82.3%増でしたが、2021年12月と比較すると同4.9%減となり、回復スピードは鈍化しています。

ロシア・ウクライナ情勢をめぐって経済制裁や空域の閉鎖などが相次いでおり、特に近隣国間の需給に影響が予想されるほか、航空会社はコスト増への対応も迫られています。

【東アジア】ウクライナ情勢の影響で欠航も、GWは各社増便予定

日本国内では、ANAで春休み期間中の予約数がコロナ前の7割まで回復しました。

またGW期間中は、各社で増便も予定されています。

日本国内

ANA

ANAの1月の利用率は、国内線が40.4%、国際線が30.7%でした。

4月1日から5月8日までの期間中、国内線の41路線・2,306便を減便します。

GW期間は便数を増やす予定で、国内線の運航率は4月が87%、5月が93%となります。

3月22日にまん延防止等重点措置が解除され、3月25日から4月5日までの春休み期間中の予約数は、コロナ禍以前の2019年同期比で約7割まで回復したということです。

国際線については3月16日、ロシア・ウクライナ情勢の影響により、3月27日から31日までの間、計画していた5路線44便のうち24便を欠航すると発表しました。

JAL

JALは4月1日から5月8日までの期間中、国内線の69路線・3,433便を減便します。

GW期間は便数を増やす予定で、国内線の運航率は3月が76%、4月が87%、5月が98%となります。

国際線については、5月の減便数が3,143便で、4月の3,199便から改善するほか、6月~7月は北米・東南アジアを中心に増便する予定です。

また7月1日から関西発バンコク行きを運航する予定で、関西/バンコク線の関西発の定期便運航は、約2年4か月ぶりとなります。

ロシア・ウクライナ情勢の影響に関しては、3月9日に羽田~モスクワ線を3月25日まで欠航すると発表しました。

その他

ソラシドエアは羽田~宮崎線など3路線を減便すると発表し、夏ダイヤ初日の3月27日からGW直前の4月27日までの1か月間で144便が対象となります。

スカイマークは4月27日まで13路線584便を減便し、4月28日から5月8日までは全便運航を予定しており、4月の運航率は87.2%となります。

エア・ドゥは羽田~札幌(新千歳)線をGWと5月の週末に増便します。

ZIPAIRは夏ダイヤの4月1日から10月28日まで、成田~シンガポール線を週3往復運航します。

韓国

アシアナ航空は、3月27日から、福岡〜ソウル/仁川線を週2便に増便するほか、大阪/関西〜ソウル/仁川線も週5便に増便します。

また4月1日からは、名古屋/中部〜ソウル/仁川線の運航を再開します。

香港

キャセイパシフィック航空は、5月までの運航計画を発表しました。

日本線は東京/成田~香港線と、大阪/関西~香港線の2路線を、月2〜3往復で運航する予定です。

台湾

エバー航空は3月15日、運休中の台北(松山)~羽田線を4月28日に再開すると発表し、5月末まで週3往復で運航する予定です。

台北(松山)~羽田線は、チャイナエアラインも5月4日から週2往復で再開する予定です。

【東南アジア】ベトナム航空で日本路線再開相次ぐ

東南アジアでは、ベトナムが旅行者の入国を全面再開するのに伴い、ベトナム航空が日本各地の路線を再開します。

ベトナム

ベトナム政府は、3月15日から旅行者の入国を全面再開する予定です。

これを受けて、ベトナム航空はハノイ発着の成田・関西・名古屋(セントレア)線のほか、3月にホーチミン発着の名古屋・関西線、さらにハノイとホーチミン発着の福岡線も再開します。

夏スケジュール開始の3月27日時点でベトナム航空による日本/ベトナム間は週11便となっていますが、7月には週23便まで拡大する予定です。

ウズベキスタン

ウズベキスタン航空は、ロシアから日本への帰国需要に対応するため、3月21日にタシケント〜東京/成田線でチャーター便を運航します。

ジャパン・エア・トラベル・マーケティングが利用希望を取りまとめ、邦人や日本の在留資格を持つ外国籍の人が利用できます。