エールフランスは、2022年夏のピーク時にかけて、196の目的地にサービスを再び提供できると発表しました。これに伴い、運航キャパシティはコロナ前の2019年の水準の90%まで回復することになります。

目次

  1. 需要が回復、コロナ前の90%まで運航回復
    1. 北米へは運航増加、インドへもサービス再開
    2. 短距離、国内への運航も再開 新規路線も増設

需要が回復、コロナ前の90%まで運航回復

エールフランスは先月31日、今夏のピーク時にかけて196の目的地に向けたサービスを展開すると発表しました。北米、アフリカ、地中海やインド洋周辺といった地域が、コロナ禍からの回復を見せ始めたことが背景となり、国際線の需要が回復したということです。

それに伴い、運航キャパシティはコロナ前の2019年の同時期と比べ、90%まで回復することになります。

北米へは運航増加、インドへもサービス再開

エールフランスの主要路線の一つであるアメリカへの運航は、週間200本、14の目的地に向けて展開されることになります。これは2019年よりも、運航キャパシティが20%増加したことを示しています。

パンデミックの発生以来停止していた、オルリー空港とジョン・F・ケネディ国際空港を結ぶルートの運航も先月27日に再開しました。また新規ルートとして、シャルル・ド・ゴール空港とジョン・F・ケネディ国際空港を結ぶ直行便のサービスも開始されるなど、北米路線が強化されています。

アフリカ、アジアを目的地とする路線も再開が進んでいます。インド政府が国際線の受け入れを再開したことを受け、インドの4つの空港へのルートも本数を増やして再開されるということです。

短距離、国内への運航も再開 新規路線も増設

レジャー需要の回復に後押しされ、ヨーロッパへの短距離路線や国内線の運航も拡充が進んでいます。

需要のピークとなる7、8月には、ギリシャ、アルバニア、スペインなどの観光地を目的地とする新規ルートが運航を開始します。中距離運航ルート全体のキャパシティとしては、コロナ前とほぼ同じ水準まで回復するということです。

国内線でも、夏季のサービスとして47路線が展開される見込みです。そのうち、マルセイユなどを目的地とする4路線が新たに増設されることになっています。

欧米でパンデミックへの不安が和らぎつつあることを背景として、エールフランスは国内外でサービスを回復・強化していることがわかりました。

文・訪日ラボ編集部/提供元・訪日ラボ

【関連記事】
【独自】GoTo「良い影響ある」96.7% 、菅首相に「インバウンド期待」72.5% 海外向け情報発信の適切な時期と内容は:インバウンド対策意識調査
仏・Japan Expo創立者に聞いた、日本の魅力の「ニューウェーブ」とは?【訪日ラボ独占インタビュー】
外国人に大人気「アキバフクロウ」に実際に行ってわかった、「体験」へのこだわりとインバウンド対策の秘訣とは
インバウンド業界は「第三のフェーズ」へ-より戦略に精緻さ求められる時代に
【日中比較】新型コロナで売れた・売れない商品ランキング 「口紅」明暗分かれる