2022年3月30日、アメリカ疾病予防管理センター(Centers for Disease Control and Prevention「以下、CDC」)は、新型コロナウイルス感染症のパンデミック発生以降、クルーズに対して発出していた公衆衛生に関する警告を取り下げました。

乗船は自己判断に

警告取下げにより、今後クルーズの安全性については、乗客自らの判断に委ねられることになります。

今回のCDCによる決定は、乗務員や乗客に対してワクチン接種の完了を求めるなど、クルーズ会社による対策が評価されたものとなっています。

また、クルーズライン国際協会は、「クルーズ船で実施されている効果的な公衆衛生対策が認められたもの。これで、海上と陸上で公正な競争ができるようになる」との声明を発表しました。

パンデミック発生以降、クルーズ業界は、航空会社など他の業界よりも厳しい措置が取られていたことから、業界内では不満が高まっていました。

CDCは、警告取り下げの理由としてクルーズ船での感染者数が減少していることも理由として挙げています。

しかしながら、航海終了後に実施される検査で感染者がいないかどうかについては、引き続き確認されます。

またCDCは引き続き、搭乗者に向けて搭乗している間のマスク着用や手指消毒についても推奨しています。

船内での感染者が発生した場合には、クルーズ会社はCDCに通知する義務があり、また、感染者を完全に隔離することが求められます。

<参照>

米国疾病管理センター:Cruise Ship Travel During COVID-19

文・訪日ラボ編集部/提供元・訪日ラボ

【関連記事】
【独自】GoTo「良い影響ある」96.7% 、菅首相に「インバウンド期待」72.5% 海外向け情報発信の適切な時期と内容は:インバウンド対策意識調査
仏・Japan Expo創立者に聞いた、日本の魅力の「ニューウェーブ」とは?【訪日ラボ独占インタビュー】
外国人に大人気「アキバフクロウ」に実際に行ってわかった、「体験」へのこだわりとインバウンド対策の秘訣とは
インバウンド業界は「第三のフェーズ」へ-より戦略に精緻さ求められる時代に
【日中比較】新型コロナで売れた・売れない商品ランキング 「口紅」明暗分かれる