31日、「2020年ドバイ国際博覧会」が閉幕しました。日本は博覧会内で実施された、大規模パビリオンカテゴリの展示デザイン部門において「金賞」を受賞しました。

また、閉幕に合わせて2025年大阪・関西万博の基本計画も発表されました。

目次
展示デザイン部門において「金賞」を受賞
2025年大阪・関西万博 基本計画を策定

展示デザイン部門において「金賞」を受賞

3月31日に閉幕した「2020年ドバイ国際博覧会」の閉幕式では、UAEからBIE(博覧会国際事務局)にBIE旗が返還されたのち、BIEから次の開催国である日本にBIE旗が渡されました。

また、30日にはBIEデーが開催され、BIE及びドバイ公社が主催するパビリオンプライズの授賞式が行われ、日本館は、大規模パビリオンカテゴリの展示デザイン部門において「金賞」を受賞しました。

2015年ミラノ国際博覧会に続き、登録博覧会において2回連続で日本館が「金賞」を受賞するのは、史上初の快挙です。

その他、会場では公式式典や次の登録博覧会である2025年大阪・関西万博のPRを目的とするパフォーマンスが行われました。

2025年大阪・関西万博 基本計画を策定

経済産業省は3月31日、日本館の目指す来場者体験や、展示のコンセプト等を盛り込んだ「日本政府出展事業(日本館)基本計画」を発表しました。

日本館では万博全体のテーマである「いのち輝く未来社会のデザイン」をプレゼンテーションする拠点となります。 日本古来の自然観・死生観を踏まえつつ、いのちそのもののあり方に向き合っていくことを取り扱い、さらに持続可能であり、豊かな未来社会への展望を示唆する館とする予定です。

「いのち輝く未来社会のデザイン」という万博全体のテーマに関する日本独自の取り組みの発信や、SDGsの達成やSDGsの先(+beyond)の議論への貢献、Society5.0の実装といった視点をアピールし、日本として世界に対する貢献のあり方を示す方針も発表されました。

さらに、2020年10月に日本が「2050年カーボンニュートラル」を宣言したことに伴い、今後世界に貢献しうる日本の先端技術等の展示・体験を組み入れられる予定です。

また、ドバイ万博日本館PRアンバサダーの関ジャニ∞と日本館の共同プロジェクト「共に未来に向けて歩みを進めよう#再び繋がり合う世界」の活動として、楽曲「CIRCLE」も公式YouTubeにて公開されました。

文・訪日ラボ編集部/提供元・訪日ラボ

【関連記事】
【独自】GoTo「良い影響ある」96.7% 、菅首相に「インバウンド期待」72.5% 海外向け情報発信の適切な時期と内容は:インバウンド対策意識調査
仏・Japan Expo創立者に聞いた、日本の魅力の「ニューウェーブ」とは?【訪日ラボ独占インタビュー】
外国人に大人気「アキバフクロウ」に実際に行ってわかった、「体験」へのこだわりとインバウンド対策の秘訣とは
インバウンド業界は「第三のフェーズ」へ-より戦略に精緻さ求められる時代に
【日中比較】新型コロナで売れた・売れない商品ランキング 「口紅」明暗分かれる