新型コロナウイルスによる外国人観光客の入国制限や入国後の行動制限によって、日本の観光地からは外国人の姿が消えました。

そして、観光客の多くが外国人を占めていた観光地においては、以前とは違った光景が見られるようになりました。

感染症の影響で外国人観光客がいなくなったとはいえ、感染症が収束すれば外国人観光客数が回復してくるという保証はどこにもありません。

この記事では、そんな観光地のひとつとしてニセコを取り上げます。

ニセコはなぜ外国人から人気があったのでしょうか。また、新型コロナウイルスが収束したあとにニセコに外国人観光客は戻ってくるのでしょうか。

目次
ニセコとは?
ニセコの魅力
なぜニセコに外国人が集まるのか
コロナ後もニセコに外国人はくるか
ニセコへの外国人人気は止まらないと予想される

ニセコとは?

ニセコとは、北海道にある岩内町・共和町・倶知安町・ニセコ町・蘭越町という5つの町からなる山岳地帯の総称です。「日本で最も国際的なリゾート」ともいわれています。

夏にはさまざまなアウトドアスポーツができるアクティビティが揃っており、冬にはニセコ自慢のパウダースノーのうえでスキーやスノーボードが楽しめるでしょう。

それ以外にも温泉が注目されていたり、ホテルやコンドミニアムなどの滞在場所が注目されていたり、グルメが注目されていたり、見所が多いスポットでもあります。

また、非常に外国人観光客が多いことから外国人向けの看板などが多く立ち並んでおり、日本人観光客が「日本にいるのに日本じゃないみたい」という感想を抱くことも珍しくありません。

ニセコの魅力

国内外問わずさまざまな観光客を魅了するニセコには、どのような魅力があるのでしょうか。

ニセコを語るうえでは、以下の2つの魅力の話が欠かせません。

  • 多くの人を魅了する数々の自然
  • 滞在を楽しくするホテルやグルメ

新型コロナウイルスの影響で外国人観光客が減少しただけで観光資源自体は生きているため、これらの魅力を求めて現在は国内の観光客がニセコを訪れています。

多くの人を魅了する数々の自然

ニセコには多くの人を魅了する数々の自然があります。

たとえば、世界一とも称されるほどすばらしいパウダースノーや、平成11年から18年の間に7回も清流日本一に選ばれた尻別川、日帰りでも楽しめる北海道の雄大な自然が生み出した温泉などです。

夏のアクティビティと冬のゲレンデを多くの人が楽しむため、ニセコへの観光客数は夏と冬に集中して増加する傾向にあります。しかし、春や秋にもとても魅力的なアクティビティが用意されており、「落ち着いた観光がしたい」というニーズにも対応しています。

滞在を楽しくするホテルやグルメ

ニセコには自然だけでなく、滞在を楽しくするホテルやグルメという魅力もあります。

国内外問わずにたくさんの観光客が集まるニセコには、さまざまなコンセプトの滞在場所があり、なかには富裕層向けのホテルやコンドミニアムもあるほどです。

グルメに関しても、国内外から観光客が集まるということでニセコにはたくさんのお店が集まります。日本食を楽しめるところもあれば、本格的なイタリアンを楽しめるところもあります。

ニセコでは自然を通したアクティビティだけではなく、最高峰のサービスも受けられるのです。