アメリカン・エキスプレス・トラベルが実施した「2022年版旅行トレンド調査(2022 Global Travel Trends Report)」で、調査回答者の86%が「2022年には旅行に使う金額をコロナ前よりも増やしたい」と回答したことがわかりました。

またこの調査は、人々が旅行の回数を増やしたり、より遠方へと旅行をしたりすることにも意欲的であると示しました。

目次

  1. パンデミックの収束ムードにより、旅行を計画する客が大幅増
    1. より遠方への旅行や、家族での旅行もトレンドに
  2. ミレニアル世代がトレンドのけん引役に

パンデミックの収束ムードにより、旅行を計画する客が大幅増

アメリカン・エキスプレス・トラベルは、オンライン調査「2022年版旅行トレンド調査(2022 Global Travel Trends Report)」を2022年2月に実施しました。

この調査は、アメリカ、日本、オーストラリア、メキシコ、インド、英国、カナダで、世帯収入が7万米ドル(約858万円)以上で、少なくとも年に1回以上旅行をする旅行客3,000人を対象として行われました。

調査の結果、多くの旅行客が2022年には旅行の費用と回数を例年より増やすつもりであるという傾向が出ました。

回答者の86%が「2022年には旅行に使う金額をコロナ前よりも増やしたい」と回答し、また62%が「2022年には2~4回の旅行を計画している」と回答しました。

こうした傾向の背景には、パンデミックへの懸念が薄れるにつれて、旅行の計画を立てても大丈夫だという確信が高まってきたことがあります。

これは実際に回答者の74%が「たとえ後から予定をキャンセルまたは変更しなければならなくなるとしても、2022年に旅行の予約をしたい」と回答していることからもうかがえます。

より遠方への旅行や、家族での旅行もトレンドに

さらにこの調査では、旅行客はより遠方への旅行に意欲的だということも示されました。回答者の55%が「一生に一度の旅行を2022年に予約したい」と回答しました。

オーストラリアのグレートバリアリーフや、アフリカのサファリといった「夢の旅行先」への旅行を計画する旅行客が増加しています。

また家族旅行への意欲も浮かび上がったトレンドの一つとして挙げられます。

回答者の79%が「2022年には、2021年よりも多くの家族旅行を計画する」と回答しました。パンデミックを通して自分の価値観を見つめ直す時間が増えたことで、多くの人々が家族と過ごす時間を重視するようになったことが、こうした傾向を生み出したと考えられています。

ミレニアル世代がトレンドのけん引役に

ここまで挙げてきたトレンドの全てにおいて、主なけん引役はミレニアル世代であることもこの調査から明らかになりました。26~41歳のこの世代は、他にも「旅行先で文化的イベントやアクティビティに参加してみたい」、「社会的インパクトや環境に配慮した旅行を計画したい」といったトレンドもリードしています。

先に挙げた「夢の旅行先」への旅行に意欲的であるというトレンドにおいても、ミレニアル世代の回答者の58%が「夢の旅行先を訪れるために一人で旅行をしたい」と回答しました。

2022年の旅行トレンドが、このミレニアル世代の意向に大きな影響を受けているということがわかる結果となりました。

文・訪日ラボ編集部/提供元・訪日ラボ

【関連記事】
【独自】GoTo「良い影響ある」96.7% 、菅首相に「インバウンド期待」72.5% 海外向け情報発信の適切な時期と内容は:インバウンド対策意識調査
仏・Japan Expo創立者に聞いた、日本の魅力の「ニューウェーブ」とは?【訪日ラボ独占インタビュー】
外国人に大人気「アキバフクロウ」に実際に行ってわかった、「体験」へのこだわりとインバウンド対策の秘訣とは
インバウンド業界は「第三のフェーズ」へ-より戦略に精緻さ求められる時代に
【日中比較】新型コロナで売れた・売れない商品ランキング 「口紅」明暗分かれる