京都はオールシーズン楽しめる人気の観光地で、毎年多くの人々が訪れます。

そんな京都で秋の紅葉シーズンと同じくらい人気なのが、桜が咲く春。
3月下旬頃から4月中旬頃まで、綺麗に咲き誇る桜が見られます。

京都には、哲学の道や平安神宮をはじめとした桜の名所が数多くあります。
桜の王道スポットから穴場スポットまで、あらゆるところで桜を楽しめますよ。 場所によっては、期間限定で夜にライトアップするところもあり、夜桜も美しく必見です。

本記事では、桜の見頃やおすすめの桜の名所をエリア別にご紹介します。

目次
京都の桜の開花時期について
<京都・洛東にあるおすすめの桜の名所>

京都の桜の開花時期について

京都の桜の名所13選!開花時期や夜間のライトアップスポットも紹介
(画像=『TABI CHANNEL』より 引用)

京都の桜の開花時期はエリアや年にもよりますが、 おおよそ3月下旬~4月中旬頃までです。

ソメイヨシノは4月上旬に見頃を迎えます。

カワズザクラやカンザクラなどは早く咲き始め、ボタンザクラは遅咲きの傾向にあります。

ちなみに3月下旬頃から桜を楽しむには、「祇園白川」や「蹴上インクライン」、「平野神社」などがおすすめ!

京都の桜と一言に言っても、エリアによって咲き始めの時期が異なります。

行ったタイミングで、必ずしも満開の桜が見れるとは限りません。

京都の桜の開花時期に関しては、テレビや 天気予報 、「 そうだ京都、行こう。 」などで、最新の情報を入手してから行くのがおすすめです。

<京都・洛東にあるおすすめの桜の名所>

洛東には、 哲学の道や平安神宮をはじめとした、王道の桜の名所が点在しています。

王道スポットに行きたい人は、まずは洛東に行くのがおすすめ。

京都駅からのアクセスも良好で、他のスポットにも行きやすいですよ。

1. 清水寺

京都の桜の名所13選!開花時期や夜間のライトアップスポットも紹介
(画像=『TABI CHANNEL』より 引用)

「清水寺」は、ユネスコ世界文化遺産に登録されている約1200年の歴史を誇る寺院。

国内外問わず毎年多くの観光客が訪れる、京都随一の観光スポットです。

京都の桜の名所13選!開花時期や夜間のライトアップスポットも紹介
(画像=『TABI CHANNEL』より 引用)

桜の見頃は、 例年3月下旬頃~4月上旬頃。

桜を見たいなら、この時期に訪れるのがおすすめです。

京都の桜の名所13選!開花時期や夜間のライトアップスポットも紹介
(画像=『TABI CHANNEL』より 引用)

清水寺は、有名な清水の舞台からの景色も良いですが、そこからだとあまり桜が見えません。

下に降りて、清水寺が入るように撮るのがおすすめです。

京都の桜の名所13選!開花時期や夜間のライトアップスポットも紹介
(画像=『TABI CHANNEL』より 引用)

また、清水寺は3月下旬から4月上旬まで「夜の特別拝観」でライトアップされます。

時間が許すなら夜にも行ってみてください。

明るい時間の桜や紅葉シーズンのライトアップとは、また違った良さがあります。

京都の桜の名所13選!開花時期や夜間のライトアップスポットも紹介
(画像=『TABI CHANNEL』より 引用)

夜には五重塔近くから青い光線が見えるので、下から写真を撮るのを忘れずに。

京都の桜の名所13選!開花時期や夜間のライトアップスポットも紹介
(画像=『TABI CHANNEL』より 引用)

夜間ライトアップは18時から始まるので、 混雑を少しでも避けたい人は18時に合わせて行きましょう。

清水寺の桜を存分に満喫したい方は、夜にも再度訪れることをおすすめします。

清水寺

住所 : 京都市東山区清水1-294

アクセス : 市バス206番・100番「五条坂バス停」下車より徒歩10分

電話番号 : 075-551-1234

営業時間 : 6:00~18:00 ※夜の特別拝観18:00~21:30(21:00受付終了)

料金 : 高校生以上400円、小中学生200円(夜の特別拝観も同じ料金)

2. 哲学の道

京都の桜の名所13選!開花時期や夜間のライトアップスポットも紹介
(画像=『TABI CHANNEL』より 引用)

「哲学の道」は、日本の道百選にも選ばれている散策にぴったりの観光スポットです。

琵琶湖疏水に沿って、 永観堂辺り銀閣寺まで続く道の長さは1.5kmほど。

ちなみに「哲学の道」という名前は、京都の哲学者「西田幾太郎」や、弟子たちの田辺元や三木清が考えごとをしながら散策したことから名付けられたといわれています。

京都の桜の名所13選!開花時期や夜間のライトアップスポットも紹介
(画像=『TABI CHANNEL』より 引用)

そんな哲学の道は、春になると桜が咲き誇る京都随一の桜の名所でもあります。

桜の見頃は、3月後半~4月初旬頃です。

京都の桜の名所13選!開花時期や夜間のライトアップスポットも紹介
(画像=『TABI CHANNEL』より 引用)

疏水の両岸に植えられた桜の数は、 なんと約400本と多いのが特徴です。

桜が作るピンクのトンネルの美しさに圧倒されます。

京都で桜を満喫するなら、哲学の道は外せません。

京都の桜の名所13選!開花時期や夜間のライトアップスポットも紹介
(画像=『TABI CHANNEL』より 引用)

途中に飲食店もあるため、ランチや散策に疲れたときの休憩で立ち寄ってみるのも良いでしょう。

歴史ある道を物思いにふけながら、ゆっくり歩いてみてくださいね。

哲学の道

住所 : 京都府京都市左京区鹿ケ谷法然院西町

アクセス :

JR京都駅から5系統(A1乗り場(道、17系統(A2乗り場(道、100系統(D1乗り場)前・道のいずれかに乗車し、 銀閣寺前から徒歩約2分、銀閣寺道から徒歩約5分

定休日 : 常時開放中

営業時間 : 散策自由

料金 : 無料

3. 平安神宮

京都の桜の名所13選!開花時期や夜間のライトアップスポットも紹介
(画像=『TABI CHANNEL』より 引用)

「平安神宮」は明治28(1895)年に創られた、京都内にある他の神社仏閣よりも比較的新しい神社です。

広大な敷地には、 応天門(おうてんもん)をはじめ、高さ24m、幅18mある大鳥居や、国の重要文化財に指定されている大極殿(だいごくでん)、白虎楼・西歩廊などがあります。

桜の名所として知られている平安神宮は、春になると観光客が多く訪れる人気のスポットです。

平安神宮には、 約300本もの桜が植えられているのだそう。

また、ただ桜の本数が多いだけではありません。

ヤエベニシダレザクラ、ベニシダレザクラ、ソメイヨシノ、ヒガンザクラ、ヤマザクラ、サトザクラ、カンヒザクラなど、種類が多いのも特徴です。

京都の桜の名所13選!開花時期や夜間のライトアップスポットも紹介
(画像=『TABI CHANNEL』より 引用)

有料ゾーンの「神苑」に入ると、紹介した様々な種類の桜を見ることができますよ。

近くで見ると、桜の色や形が違うのが分かり面白いです。

京都の桜の名所13選!開花時期や夜間のライトアップスポットも紹介
(画像=『TABI CHANNEL』より 引用)

園内はなかなか広く、見応え十分。

早く歩いても20分、ゆっくり散策をするなら1時間くらいは時間を見ておきましょう。

京都の桜の名所13選!開花時期や夜間のライトアップスポットも紹介
(画像=『TABI CHANNEL』より 引用)

歩き進むと、途中で池が見えてきます。

この池の近くにベンチがあるので、歩き疲れたら小休憩すると良いですよ。

京都の桜の名所13選!開花時期や夜間のライトアップスポットも紹介
(画像=『TABI CHANNEL』より 引用)

桜の種類が多いので、見ていても飽きることはないでしょう。

京都の桜の名所13選!開花時期や夜間のライトアップスポットも紹介
(画像=『TABI CHANNEL』より 引用)

平安神宮は桜の名所でありながらも混雑しておらず、ゆったり散策を楽しめました。

境内は無料で見学できますが、入場料の600円を払っても行く価値があるので、ぜひ神苑にも行ってみてください。

京都の桜の名所13選!開花時期や夜間のライトアップスポットも紹介
(画像=『TABI CHANNEL』より 引用)

平安神宮で、見応えのある桜を満喫しましょう。

平安神宮

住所 : 京都市左京区岡崎西天王町97

アクセス :

市バス5系統、洛バス100・110系統「岡崎公園 美術館・平安神宮前」バス停から徒歩5分 地下鉄東西線「東山」駅から徒歩10分

電話番号 : 075-761-0221

定休日 : 年中無休

営業時間 :

【境内】6:00~18:00 (11月~2月14日は17:00まで、2月15~3月14日・10月は17:30まで)
【神苑】8:30~17:00(3月15日~9月30日は17:30まで、11月1日~2月末日は16:30まで) 料金 : 無料(神苑は大人600円、小人300円)

4. 祇園白川

京都の桜の名所13選!開花時期や夜間のライトアップスポットも紹介
(画像=『TABI CHANNEL』より 引用)

「祇園白川」は、石畳の道に紅殻格子の町家が並んでいる、京都風情を感じられる通りです。

桜が咲く時期になると、料亭や家屋が建ち並ぶ白川の流れに沿って桜並木が続きます。

桜の見頃は、 3月下旬~4月上旬頃です。

京都の桜の名所13選!開花時期や夜間のライトアップスポットも紹介
(画像=『TABI CHANNEL』より 引用)

桜の本数は約40本と少ないのが特徴。

本数は少ないものの、京都らしさも感じられる桜の名所です。

桜を見るために観光客が多く訪れます。

京都の桜の名所13選!開花時期や夜間のライトアップスポットも紹介
(画像=『TABI CHANNEL』より 引用)

咲いている桜の種類はソメイヨシノや枝垂れ桜など。

筆者が行った3月末は、ちょうど桜が満開で見頃でした。

夜になると、 桜に咲く時期限定ライトアップされます。 (例年18:00~22:00まで)

夜桜が織りなす、風情ある京都の町並みを感じてみてください。

京都の桜の名所13選!開花時期や夜間のライトアップスポットも紹介
(画像=『TABI CHANNEL』より 引用)

細い道に入ると家屋がある道に入れるので、さらに趣を感じられますよ。

午後に行くと人が多くなってくるため、 ゆっくり写真を撮りたい人は午前中の早い時間に行くのがおすすめです。

京都の桜の名所13選!開花時期や夜間のライトアップスポットも紹介
(画像=『TABI CHANNEL』より 引用)

河原町から近く、徒歩圏内に祇園白川があります。

河原町散策の際には、祇園白川にも足を運んでみてください。

祇園白川

住所 : 京都府京都市東山区元吉町の白川南通沿い

アクセス : 京阪本線「祇園四条駅」から徒歩約3分、市バス「祇園」から徒歩約7分

5. 円山公園

京都の桜の名所13選!開花時期や夜間のライトアップスポットも紹介
(画像=『TABI CHANNEL』より 引用)

「円山公園」は、8600㎡もの広大な敷地を誇る、1886年に開園した京都市内で最も古い公園です。

京都市内随一の行楽地として発展し、1931年には国の名勝にも指定されました。

園域は八坂神社と知恩院に隣接しているため、合わせて観光しても良いですね。

京都の桜の名所13選!開花時期や夜間のライトアップスポットも紹介
(画像=『TABI CHANNEL』より 引用)

桜の季節になると、お花見をする人や観光客で賑わいを見せています。

「祗園枝垂れ桜」に代表される桜の名所で、 数ある桜の中でもひときわ存在感を放っているのが枝垂れ桜です。

京都の桜の名所13選!開花時期や夜間のライトアップスポットも紹介
(画像=『TABI CHANNEL』より 引用)

3月下旬から4月上旬にかけては夜にライトアップされるので、夜桜が楽しめます。

樹高12m、幹回り2.8mあり、堂々とした桜は一目見る価値あり!

タイミングが合えば、夜桜が見られるときに行くのも良いでしょう。

園内にはショップや軽食が食べられる飲食店もあり、食事にも困りませんよ。

円山公園

住所 : 京都府京都市東山区円山町

アクセス : 京阪電鉄「祇園四条駅」から徒歩12分、阪急「河原町」駅から徒歩約13分、京都市営地下鉄「三条京阪」駅から徒歩約15分

電話番号 : 075-561-1350

定休日 : 無休

営業時間 : 拝観自由、春のライトアップ期間:日没~22:00

料金 : 無料

6. 知恩院

京都の桜の名所13選!開花時期や夜間のライトアップスポットも紹介
(画像=『TABI CHANNEL』より 引用)

「知恩院」は、京都市内・東山に位置する、人気観光スポットである寺院です。

巨大な三門が堂々とそびえ立っており、境内では枝垂れ桜が見られます。

形、大きさともに京都を代表する枝垂れ桜のひとつ。

桜の見頃は、 例年3月下旬~4月上旬頃です。

京都の桜の名所13選!開花時期や夜間のライトアップスポットも紹介
(画像=『TABI CHANNEL』より 引用)

境内に入ると、至るところで桜が咲いています。

京都の桜の名所13選!開花時期や夜間のライトアップスポットも紹介
(画像=『TABI CHANNEL』より 引用)

毎年3月下旬~4月に夜間ライトアップが開催されます。

ライトアップ期間中は、境内にある「阿弥陀堂」でお坊さんの説法を聞くことができるほか、阿弥陀如来の限定ご朱印も授かれます。

桜と合わせて訪れてみるのが良いですね。

京都の桜の名所13選!開花時期や夜間のライトアップスポットも紹介
(画像=『TABI CHANNEL』より 引用)

先程紹介した円山公園や八坂神社からも近いので、他のスポットと合わせて行ってみてください。

知恩院

住所 : 京都府京都市東山区林下町400

アクセス :
【電車】
京阪電車「祇園四条」駅から徒歩14分
阪急電車「四条河原町」駅から徒歩15分
地下鉄東西線「東山」駅から徒歩8分
【バス】
市バス(12・31・46・86・201・202・203・206系統)「知恩院前」バス停から徒歩1分
市バス 京都岡崎・都心循環バス(京都岡崎ループ)「知恩院前」バス停から徒歩1分
京阪バス(17・19系統)「神宮前」バス停から徒歩7分

電話番号 : 075-531-2111
定休日 : 無休
営業時間 : 5:00~16:30(季節によって前後あり)
料金 : 境内無料、方丈庭園 大人400円、子供200円、友禅苑 大人300円、子供150円

7. 蹴上インクライン

京都の桜の名所13選!開花時期や夜間のライトアップスポットも紹介
(画像=『TABI CHANNEL』より 引用)

「蹴上(けあげ)インクライン」は、京都で有名な桜の名所の一つです。

かつて琵琶湖から京都市内を結び、明治時代に敷設された全長582mほどの傾斜鉄道。

1948年に休止になったあと、1度レールが撤去されましたが、1977年に復元しました。

その後、1996年には国の史跡に指定された、歴史のある線路でもあります。

そんな蹴上インクラインは、春になると 線路沿いに約90本の見応えのあるソメイヨシノやヤマザクラが咲きます。

線路内を散策しながら、他とは違った風情ある桜が楽しめますよ。

京都の桜の名所13選!開花時期や夜間のライトアップスポットも紹介
(画像=『TABI CHANNEL』より 引用)

線路から撮る写真も良いですが、橋の上から撮る写真もまた良いですね。

橋の上は人もあまりいないので、周りを気にせず写真を撮れます。

線路から撮るのとは、また違った角度から撮れるでしょう。

京都の桜の名所13選!開花時期や夜間のライトアップスポットも紹介
(画像=『TABI CHANNEL』より 引用)

蹴上インクラインは特に、桜が咲く時期になると多くの観光客で押し寄せます。

筆者が1度午後に行ったときは、かなり多くの人がいて写真が撮りにくかったです。

ゆっくり写真を取りたい人は、午前10時頃までに行くのがおすすめです。

蹴上インクライン

住所 : 京都府京都市東山区東小物座町339

アクセス :

京都市営地下鉄東西線「蹴上」駅より徒歩3分
JR「京都」駅から5系統の市バスに乗車し「岡崎法勝寺町」から徒歩5分