空気中でガラスにハサミを入れると、当然ながら大きな音を立ててパリンと割れてしまいます。

では水中ならどうでしょう。

実は水に浸した状態だと、ガラスを好きな形にハサミでカットすることができるのです。

ちなみにこの不思議な現象は、2017年に放送されたテレビアニメ『名探偵コナン』第862話にトリックとして使用されているとのこと。

一体なぜそんなことができるのでしょうか。

目次

水に浸すだけでハサミで切れる
ガラスが切れる「ケモメカニカル効果」とは

水に浸すだけでハサミで切れる

この仕組みは、アメリカのユーチューブチャンネル「The Action Lab」で詳しく解説されています。

まず、動画では正方形のガラス板を用意し、水中で見やすいよう赤色マーカーで色付けしています。

これをバケツに入れた水の中に浸すだけで、市販のハサミで好きな形にカットできるそうです。

ガラスは水に浸せばハサミで切れる!?自宅でも試せる「ケモメカニカル効果」とは?
(画像=試しに水中でガラスの角を切ってみる / Credit: youtube、『ナゾロジー』より引用)

試しに端の方を切り取ってみると、確かにガラスがザクザクと音を立てながら切られていきます。

ガラスは水に浸せばハサミで切れる!?自宅でも試せる「ケモメカニカル効果」とは?
(画像=ガラスは水中で綺麗に切り取れる / Credit: youtube、『ナゾロジー』より引用)

空中でハサミを入れると、ガラスは不規則な断片にパリンと割れてしまいますが、水の中で切れば、このように綺麗な円形にカットできるのです。

ガラスは水に浸せばハサミで切れる!?自宅でも試せる「ケモメカニカル効果」とは?
(画像=ケモメカニカル効果でガラスを円形にもカットできる / Credit: youtube、『ナゾロジー』より引用)

これにはある化学的な理由が隠されていました。