2022年3月13日~同年3月20日にフィリピンの観光省より、観光大臣のベルナデット・ロムロ・プヤット氏が来日しました。

プヤット氏は日本国内の観光業界関係者や政府関係者と会談し、コロナ禍における安全な観光地としてのフィリピンをPRしました。

目次

  1. コロナ禍におけるフィリピンをめぐる現状
    1. フィリピンにおける外国人渡航者の受け入れ態勢について説明
    2. WTTCグローバルサミットへの参加を呼びかけ

コロナ禍におけるフィリピンをめぐる現状

新型コロナウイルスをめぐるフィリピンでの感染者数は減少傾向にあり、1日平均432人と低い水準で推移しています。

フィリピン政府は、日本を含めたビザの免除地域・国に対して3月10日以降、ワクチン接種済みの入国者を対象とした無査証での入国条件を緩和しています。

コロナ禍前のフィリピンにおけるインバウンド市場では日本は市場4位と、非常に有力なマーケットとしてフィリピン国内から注目されています。

2019年には、68万人を超える日本人がフィリピンを訪れていました。

またフィリピンが入国制限を解除し、外国人渡航者の受け入れを再開した2022年2月10日以降は、2,125人の日本人を受け入れています。

フィリピンにおける外国人渡航者の受け入れ態勢について説明

今般の訪日でプヤット氏は、フィリピン国内における新型コロナウイルスをめぐる現状について、入国に関する手続きや入国要件が簡素化されていること、感染者数が少ないことなどを説明しました。

フィリピンより観光大臣来日、ニューノーマル時代におけるフィリピンの魅力を強く訴求
▲観光関係者やメディアに「安全な旅行先」としてのフィリピンをアピール:フィリピン観光省プレスリリース(PRtimes)(画像=『訪日ラボ』より 引用)

また、観光関連事業者に向けては、フィリピン観光省がフィリピンへのチャーター便などのマーケティング支援の継続を約束しました。

加えて、フィリピン観光地におけるワクチンの追加接種にも言及しており、今後観光客向けに提供するワクチンの計画について解説しています。

3回目のワクチン接種を受けていない日本人旅行者については、接種を受けることで帰国後の隔離が免除されるということです。

フィリピン観光省によればプヤット氏は、

「フィリピン観光省は、観光業界の雇用と収入を回復し、観光産業の復興に向け様々な努力を尽くしてきました。パンデミックがまだ終息していないため、健康が最優先事項であるべきだと私たちは考えています。私たちは、国民の幸せを守り、観光産業復興のための政策を立案し、治安と経済回復の両立に努めていきます。」

と述べており、今回の訪日も踏まえ、感染症対策を念頭に置いた上でフィリピンへの外国人観光客を、積極的に取り込んでいきたい考えです。

WTTCグローバルサミットへの参加を呼びかけ

フィリピンでは初開催となる「第21回世界旅行ツーリズム協議会(WTTC)」が、2022年4月20日~同年4月22日にマニラで開催されます。

プヤット氏はこれを受け、日本旅行業協会会長の高橋氏やWTTCの副会長である田川氏など、複数のWTTC関係者と懇談を交わし、観光関係者に本サミットへの参加を呼びかけました。

プヤット氏は投資促進の観点から、フィリピンが国際市場で何を提供できるかを示す良い機会であるとした上で、

「世界の観光産業が直面する社会的、環境的、経済的な課題を解決に向け活発な議論を交わすとともに、生活や雇用、経済成長、持続可能な開発を推進するための旅行・観光産業の役割に対する評価を高めることを目指します。」

と語りました。

また、日本とフィリピン双方向の観光交流の再開については、

「フィリピンと日本は、観光分野における共通の目標をもっています。それは、お互いの観光地を振興することで両国の経済成長に大きく貢献するということです」

と力を込めて述べたということです。

文・訪日ラボ編集部/提供元・訪日ラボ

【関連記事】
【独自】GoTo「良い影響ある」96.7% 、菅首相に「インバウンド期待」72.5% 海外向け情報発信の適切な時期と内容は:インバウンド対策意識調査
仏・Japan Expo創立者に聞いた、日本の魅力の「ニューウェーブ」とは?【訪日ラボ独占インタビュー】
外国人に大人気「アキバフクロウ」に実際に行ってわかった、「体験」へのこだわりとインバウンド対策の秘訣とは
インバウンド業界は「第三のフェーズ」へ-より戦略に精緻さ求められる時代に
【日中比較】新型コロナで売れた・売れない商品ランキング 「口紅」明暗分かれる