新型コロナウイルスによる入国制限や行動制限によって、日本国内の観光業は大きな打撃を受けました。

その一方で令和4年の1月から実施されていたまん延防止等重点措置が同年3月21日に解除され、引き続き気は緩められないものの日本は新型コロナウイルスを乗り越えようとしています。

ここではインバウンドの観点から非常に注目を集めている大阪の訪日外国人客数のデータ、人気観光地、そして今後注目のトピックについて解説します。

これまでの大阪のインバウンド

これまでの大阪府の報告によると、大阪の外国人観光客数は以下のとおりになっています。


年/データ 外国人観光客数
2021年 データなし
2020年 データなし
2019年 1,231万人
2018年 1,142万人
2017年 1,110万人

5年前から順調に外国人観光客数は増加しており、2019年の外国人観光客数は過去最多を記録しました。この年には日韓関係が悪化したことによって韓国人観光客は減少したのですが、中国や欧米からの観光客がその数字を補っていました。

また2019年には、G20やラグビーワールドカップなどの国際的なイベントが開催されたことや、欧米から日本への直行便が増加したことも大阪への観光客数が増加した要因でしょう。

しかし、2020年以降は大阪府はデータを公開していません。大阪府のホームページによると新型コロナウイルスの感染拡大によって独自推計するためのデータが不足していることによって推計自体を行っていないということです。

2022年からのインバウンドの動向はどのようになるのか、目が離せません。

大阪のインバウンドにおける人気スポット

大阪のインバウンドはどうなる? データと今後の動向予測
(画像=『訪日ラボ』より 引用)

新型コロナウイルスの影響を受ける以前である2019年、日本政府観光局(JNTO)の調査によると訪日外国人が最も訪れた都道府県は東京都でした。

そして、その東京都に次いで第2位に輝いたのが大阪府です。

同調査により訪日外国人の38.6%が大阪府を訪れていたことがわかっており、東京都に次いで第2位という順位は2017年から3年連続で続いていました。

ここでは、大阪府のインバウンドにおける人気スポットを3つ紹介します。

大阪城

大阪城は、豊臣秀吉が大阪を天下統一のための拠点とする際に築城したものであり、当時は現在の4〜5倍もの大きさがあったとされています。江戸城や名古屋城と並ぶ、日本三代名城のひとつです。

ナビタイムジャパンが発表した「2019ナビタイム スポット検索ランキング」では、訪日外国人の検索ワードとして、2年連続で「大阪城天守閣」が第1位に輝いていることを考えると、その人気がどれほどのものかが想像できるでしょう。

G20の記念撮影においても背景として大阪城が使われていたり、フリーWi-Fiが充実していたり、日本文化を感じる兜の試着体験ができたり、知名度だけでなく利便性や体験価値も人気の理由です。

道頓堀

道頓堀は大阪府大阪市中央区にある繁華街のことです。もともとは日本の芝居の本場であり、そこに集まる人々をターゲットとした飲食店が繁盛したことが栄えたきっかけといわれています。

現在では非常に多くの外国人観光客が訪れる場所であり、そこには訪日外国人としての割合が多い中国人や韓国人などをターゲットとした店舗が多く並んでいます。大阪名物である「たこ焼き」のほかにも、「日本の製品は安全で安心だ」という情報からドラッグストアも人気です。

夜になればさまざまな色の電飾が光り、名物のひとつでもあるグリコの看板も目立ち始めます。そんな煌びやかで賑やかな様子も外国人観光客を惹きつける1つの要因でしょう。

梅田スカイビル

梅田スカイビルは大阪府大阪市北区にある超高層ビルのことです。イギリスの有名出版社「ドーリング・キンダースリー」が選出した「世界を代表する20の建造物」にも選ばれたことがあり、日本だけではなく世界中で人気や注目を集めています。

ビルのなかではあらゆるイベントが開催されていたり、レストランや会議室、美術館、クリニックなどが入っています。特に空中庭園展望台は人気で、美しい大阪の街並みと自然が一望しながら、併設されている「cafe SKY 40」で美味しいコーヒーを楽しめます。

新型コロナウイルスの影響で閉鎖的な生活を強いられてきた人々にとって、梅田スカイビルは「行ってみたい場所」として頭のなかにあるはずです。

大阪のインバウンドはどうなる? データと今後の動向予測
▲梅田スカイビル 空中展望台:梅田スカイビル公式サイト(画像=『訪日ラボ』より 引用)