アライドアーキテクツ株式会社は、全国に住む16~59歳の男女881名のTwitter利用者を対象に「生活者によるTwitter上でのクチコミ行動と、クチコミの影響度に関する調査」を実施しました。

本調査を通して、生活者は誰のどのような口コミに心を動かされるのか、そしてどんな時に自ら口コミを投稿しようと思うのかなど、Twitter上の口コミが生活者の購買行動に与えるさまざまな影響が明らかになりました。

65.5%が「Twitterの口コミ」で購買・来店の経験あり 最重要は「一般ユーザーによる投稿」
▲「大解剖 Twitter×UGC」:アライドアーキテクツ社調査より(画像=『口コミラボ』より 引用)

目次

  1. 65.5%がTwitterの情報をきっかけとした購買・来店の経験あり
    1. 「一般ユーザーによる投稿」が購買や来店の最も多いきっかけに
    2. 約半数がTwitterへの口コミ投稿経験あり。動機としては「キャンペーン」が最多に
  2. Twitterの情報は消費行動に直結

65.5%がTwitterの情報をきっかけとした購買・来店の経験あり

まず、Twitter上の情報をきっかけや参考とした「商品・サービス購入の経験」についての質問に対し、全体の65.5%がそのような経験があると回答しました。

男女別では、男性が61.7%、女性が66.8%となっており、女性の方がやや購買経験率が高くなっています。

さらに年代別に見ると、15〜19歳は72.7%、20代では71.5%、30代では63.7%と、若い年代ほどTwitterをきっかけとした購買経験率が高い結果となりました。

65.5%が「Twitterの口コミ」で購買・来店の経験あり 最重要は「一般ユーザーによる投稿」
▲Twitter上の情報をきっかけや参考とした商品・サービス購入の経験/男女・年代別の結果:アライドアーキテクツ社調査より(画像=『口コミラボ』より 引用)

次に、Twitter上の情報をきっかけや参考とした「来店・訪問の経験」については、全体の62.4%がそのような経験があると回答しました。

男女別では、男性が62.9%、女性が62.0%と、どちらも過半数を上回る高い割合で来店経験があるようです。

年代別では、こちらも若い年代ほどTwitterをきっかけとした来店経験率が高く、15〜19歳は69.7%、20代は67.9%、30代も62%と、いずれも過半数を大きく上回っています。

65.5%が「Twitterの口コミ」で購買・来店の経験あり 最重要は「一般ユーザーによる投稿」
▲Twitter上の情報をきっかけや参考とした来店・訪問の経験/男女・年代別の結果:アライドアーキテクツ社調査より(画像=『口コミラボ』より 引用)

「一般ユーザーによる投稿」が購買や来店の最も多いきっかけに

「購買や来店のきっかけになった投稿」については、「インフルエンサーや芸能人の投稿」(49.4%)、「企業アカウントの投稿」(47.8%)を上回る全体の57.8%が「友人やフォローしている一般の人の投稿」と回答しました。

一般のユーザーによる素直な意見や口コミが大きな影響力を持っているということがわかります。

65.5%が「Twitterの口コミ」で購買・来店の経験あり 最重要は「一般ユーザーによる投稿」
▲購買や来店のきっかけになった投稿/男女別の結果:アライドアーキテクツ社調査より(画像=『口コミラボ』より 引用)

次いで多い回答を見ると、「男性」と「30代」「40代」では「企業アカウントの投稿」、「女性」と「10代」「20代」では「インフルエンサーや芸能人の投稿」となりました。

男女別、年代別でも「一般ユーザーの投稿」がすべての属性で最も多い回答となっています。

65.5%が「Twitterの口コミ」で購買・来店の経験あり 最重要は「一般ユーザーによる投稿」
▲購買や来店のきっかけになった投稿/年代別の結果:アライドアーキテクツ社調査より(画像=『口コミラボ』より 引用)

約半数がTwitterへの口コミ投稿経験あり。動機としては「キャンペーン」が最多に

さらに「商品・サービスに関する感想」では全体の46.7%が、「お店・EC通販サイト・ネットショップの感想」では41.0%が、Twitterへの投稿経験があると回答しました。

65.5%が「Twitterの口コミ」で購買・来店の経験あり 最重要は「一般ユーザーによる投稿」
▲商品・サービスに関する感想の投稿経験/男女・年代別の結果:アライドアーキテクツ社調査より(画像=『口コミラボ』より 引用)

男女別で確認すると、いずれも男性の方がやや投稿経験率が高くなっています。

65.5%が「Twitterの口コミ」で購買・来店の経験あり 最重要は「一般ユーザーによる投稿」
▲お店・EC通販サイト・ネットショップの感想の投稿経験/男女・年代別の結果:アライドアーキテクツ社調査より(画像=『口コミラボ』より 引用)

また、「Twitterに感想を投稿する理由」では、「クーポンやプレゼントがもらえるキャンペーンをやっているから」が43.0%と最も多い回答となりました。

「良い点をより多くの人に知ってもらいたいから」も41.1%と、ほぼ1位と変わらない結果となっています。

次ぐ3位、4位は、「Twitter上でトレンドに掲載された話題だから」(35.9%)、「フォローしているユーザーが話題にしているから」(30.2%)でした。

65.5%が「Twitterの口コミ」で購買・来店の経験あり 最重要は「一般ユーザーによる投稿」
▲Twitterに感想を投稿する理由:アライドアーキテクツ社調査より(画像=『口コミラボ』より 引用)

Twitterの情報は消費行動に直結

本調査の結果からは、Twitterの情報を参考に買い物をしたり、店舗を選んだりすることが一般的になりつつあること、そしてTwitter上の口コミが大きな影響力を持つことが明らかになりました。

Twitter上では商品や店舗の情報を発信するだけでなく、キャンペーンを行うなどして口コミを集めることで、集客にさらなる好影響を与えると期待できます。

提供元・口コミラボ

【関連記事】
【保存版】簡単にわかる「Googleマイビジネス」登録方法 ステップ別解説|Googleマップの登録方法も解説
「GoTo効果ナシ」宿泊施設はどうすべき?"強み"を見つけ、宣伝し、リピーターへつなげよう
「〇〇Pay」どれがお得?主要6社コード決済を"ひと目でわかるマップ"で徹底比較!
ネガティブ報道が外食業界を苦しめている。飲食店オーナーが語る「GoToイート」への思い
【最新版】47都道府県「コロナ対応」スタンス総まとめ!GoTo賛否は?独自施策は?【2020年9月】