16日、岸田文雄首相は記者会見で「県民割」を4月1日から地域ブロックへ拡大していく方針を表明しました。

これは21日に18都道府県のまん延防止措置を全て解除する決定に伴うものです。

目次

  1. 全国的GoToの再開「引き続き注意深く検討していく」
  2. コロナ治療薬などへ1兆3,500億円を投入

全国的GoToの再開「引き続き注意深く検討していく」

「県民割(地域観光事業支援)」は観光需要喚起策として2021年3月頃から実施されています。

政府が感染状況が落ち着いているステージ2相当以下と判断した都道府県で、居住地と同一県内での旅行を対象に割引支援をする施策です。

一方岸田首相は全国的なGoToトラベルの再開について「引き続き注意深く検討していく」と話し前向きな姿勢を表明しました。

コロナ治療薬などへ1兆3,500億円を投入

「県民割」を地域ブロックへ拡大するにあたり、旅行者が安心して県境をまたいだ旅行ができるようワクチン接種や検査キットをさらに推進していく予定です。

政府は、治療薬、検査キット、ワクチンの確保などについて、今年度のコロナ予備費から1兆3,500億円を使用します。

治療薬はメルク社、ファイザー社の飲み薬、さらに、各種の中和抗体薬、合計650万回分を確保してきましたが、追加して300万回分を確保する方針です。国産の治療薬についても、申請に基づいて承認審査が進められています。

検査体制の強化では、感染拡大や経済活動のニーズにも対応できるよう、半年で計3億5,000万回分の抗原検査キットを配布します。

ワクチンの4回目接種も検討を進めており、ファイザー7,500万回分、モデルナ7,000万回分を追加購入するとしています。

文・訪日ラボ編集部/提供元・訪日ラボ

【関連記事】
【独自】GoTo「良い影響ある」96.7% 、菅首相に「インバウンド期待」72.5% 海外向け情報発信の適切な時期と内容は:インバウンド対策意識調査
仏・Japan Expo創立者に聞いた、日本の魅力の「ニューウェーブ」とは?【訪日ラボ独占インタビュー】
外国人に大人気「アキバフクロウ」に実際に行ってわかった、「体験」へのこだわりとインバウンド対策の秘訣とは
インバウンド業界は「第三のフェーズ」へ-より戦略に精緻さ求められる時代に
【日中比較】新型コロナで売れた・売れない商品ランキング 「口紅」明暗分かれる