インドネシア政府は、外国人観光客に対し、3月7日からバリ島を始めとした一部の島で隔離なしでの入国を試験的に認めました。

新型コロナウイルスワクチンを3回接種し、最低4日間分滞在先の宿泊費を前払いするなどの条件がありますが、世界23か国から受け入れを再開します。

目次

  1. バリ、隔離なしでの観光客受け入れ再開へ

バリ、隔離なしでの観光客受け入れ再開へ

インドネシア政府は7日から、日本を含めた世界23か国で外国人観光客を隔離なしで受け入れると発表しました。

インドネシア共和国観光庁の公式サイトによると隔離免除の対象国は、日本を含む東アジアや東南アジア、欧米豪などとなっています。

先進国や距離の近い新興国を中心に、幅広く受け入れる方針です。日本とは成田ーバリ間の直行便が2月3日から再開されていますが、完全に隔離がなくなります。

なお在インドネシア日本国大使館によると、隔離免除での入国対象はバリ島、バタム島、ビンタン島のみであり、ジャワ島などインドネシアにあるその他の島に隔離なしでの入国は認められていません。

インドネシア国内で違う島に移動する際にも、到着時の島で4日間滞在した後、ワクチンを2回以上接種していればPCR検査なしでの移動が可能となります。

隔離免除で入国するには、入国前後での2回のPCR検査で陰性、ワクチンの3回接種、健康保険への加入が義務付けられています。

また、PeduliLindungiアプリのダウンロードが求められます。スーパーマーケットやレストラン、観光名所などに入る際にこのアプリを用いてチェックインする必要があります。

なお、在インドネシア日本国大使館によると、ワクチン接種を2回行った人は24時間の隔離、ワクチン未接種の人には7日間の隔離が求められます。

また入国後3日目のPCR検査は全員が受ける必要があります。

観光のためのVOA(到着ビザ)は30日間で、1回のみ延長可能です。最大60日間滞在できます。

インドネシア政府は、この旅行制限の緩和により国の観光を再活性化させたいとしています。

文・訪日ラボ編集部/提供元・訪日ラボ

【関連記事】
【独自】GoTo「良い影響ある」96.7% 、菅首相に「インバウンド期待」72.5% 海外向け情報発信の適切な時期と内容は:インバウンド対策意識調査
仏・Japan Expo創立者に聞いた、日本の魅力の「ニューウェーブ」とは?【訪日ラボ独占インタビュー】
外国人に大人気「アキバフクロウ」に実際に行ってわかった、「体験」へのこだわりとインバウンド対策の秘訣とは
インバウンド業界は「第三のフェーズ」へ-より戦略に精緻さ求められる時代に
【日中比較】新型コロナで売れた・売れない商品ランキング 「口紅」明暗分かれる