2022年2月はまん延防止等重点措置が全国的に発令された影響で、店内飲食は苦しい状況です。一方、テイクアウトは順調で各チェーン店でテイクアウト事業を強化する取組みが進んでいます。

本記事では、2月の飲食業界関連ニュースや市場の動向を紹介します。

目次
まん延防止等重点措置の現状
ファミリーレストラン業界ニュース

まん延防止等重点措置の現状

※以下は2月時点での期間・区域です。

実施期間 実施区域

2022年1月9日から

3月6日まで

広島県

2022年1月21日から

3月6日まで

群馬県、埼玉県、千葉県、東京都、神奈川県、新潟県、岐阜県、愛知県、三重県、香川県、長崎県、熊本県、宮崎県

2022年1月27日から

3月6日まで

北海道、青森県、福島県、茨城県、栃木県、石川県、長野県、静岡県、京都府、大阪府、兵庫県、岡山県、福岡県、佐賀県、鹿児島県

2022年2月5日から

3月6日まで

和歌山県

2022年2月12日から

3月6日まで

高知県

3月3日時点で、まん延防止等重点措置の適用期限が約2週間延長される見通しとなりました。延長の対象となったのは、北海道、青森、茨城、栃木、群馬、埼玉、千葉、東京、神奈川、石川、岐阜、静岡、愛知、京都、大阪、兵庫、香川、熊本の18都道府県です。

また、6日で措置が解除される地域は、福島、新潟、長野、三重、和歌山、岡山、広島、高知、福岡、佐賀、長崎、宮崎、鹿児島の13カ所です。

ファミリーレストラン業界ニュース

すかいらーくやロイヤルホスト、びっくりドンキーといったファミリーレストラン業界ニュースを解説します。

「おひとり様」をターゲットに/すかいらーく

苦境の居酒屋、この2年で2割が閉店に/ファミレス、牛丼は売上増【飲食業界動向まとめ 2022年2月】
(画像=▲画像:すかいらーくグループプレスリリースより、『口コミラボ』より 引用)

すかいらーくでは、2022年度に約360店舗に対して「おひとり様」をターゲットにしたカウンター席を導入すると発表しました。コロナ禍で生まれたテレワークなど新しい働き方へ対応し、「おひとり様」の需要を狙います。

すかいらーくは以前から客席からタブレット端末を使い注文できるよう環境を整えており、今後はカウンター席の導入で1人でもさらに利用しやすい店舗づくりに取り組みます。

配膳ロボ3000台導入/すかいらーく

すかいらーくでは、これまで実験的にフロアサービスロボットの導入を進めていました。実験店でスタッフの業務負担の軽減や時間短縮が実現できたのを受け、2022年中に3,000台の配膳ロボを導入すると発表しています。

実店舗でDXを推進し、人件費を抑えながら業務効率化を図ります。

フライドポテト販売停止/ロイヤルホスト

ロイヤルホストでは、原材料が高騰したためフライドポテトの販売停止を発表しました。

料理の付け合わせで提供されているフライドポテトは引き続き利用可能ですが、状況により中止の可能性があるとのことです。

ポテト販売再開 2か月ぶり/びっくりドンキー

びっくりドンキーでは、2カ月ぶりにフライドポテトの販売を再開すると報告しています。昨年の12月末頃より販売が中止されていましたが、2か月を経て全店舗で提供できるようになりました。

原材料の変動や物流遅延のため、現在、各チェーン店でフライドポテトの確保に奮闘している様子がうかがえます。