現在、ヨーロッパを中心に海外観光客の受け入れ再開や入国時の隔離措置撤廃を進める動きが加速しています。

長らく境界を封鎖してきた台湾も、外国人入国に関する措置を緩和しました。2022年3月からビジネス目的の渡航者に対する規制を和らげており、今年中に観光客の受け入れも始めると見込まれています。

目次

  1. ビジネス関係の入国再開 観光客は今夏めどに再開検討

ビジネス関係の入国再開 観光客は今夏めどに再開検討

台湾の中央流行疫情指揮センター(以下:CECC)は、2022年3月7日より、外国人ビジネス旅行者の台湾入境を許可すると発表しました。

外務省はそれに応じて入国規則を調整しており、同日から入境時の制限を緩和しています。

入境後の隔離期間はこれまでの14日間から10日間に短縮し、家族や同居者と同日に入境した際は、同室滞在も可能と定められました。検査義務については、入境時(入境0日目)と隔離終了時(入境10日目)にPCR検査を受検することが求められます。

これらの規制は変更される可能性があり、台湾の感染状況、ワクチン接種率などに応じて対応していくとしています。

また複数メディアは、台湾が外国人観光客の受け入れも視野に動きを進めていると報じています。

今年2月に行われた台湾観光局長による記者会見で、ワクチン接種の進捗が順調であれば、第3四半期(7~9月)または第4四半期(10~12月)から外国人観光客を受け入れることができるとの見解を明らかにしたとのことです。

海外観光再開時には、台湾から海外へのアウトバウンド観光客よりも、海外からのインバウンド観光客への施策に注力する姿勢を示したということです。

新型コロナウイルス感染症の拡大以来、台湾は観光客の受け入れ停止を続けてきましたが、ワクチン接種状況や今後の感染状況の見通しなどから複合的に判断していく方針です。

タイやインドなどを皮切りに、アジアでも海外観光再開の波が押し寄せています。各国は「コロナ封じ込め」の上の観光施策から、「ウィズコロナ」時代の施策へ転換が求められているといえます。

文・訪日ラボ編集部/提供元・訪日ラボ

【関連記事】
【独自】GoTo「良い影響ある」96.7% 、菅首相に「インバウンド期待」72.5% 海外向け情報発信の適切な時期と内容は:インバウンド対策意識調査
仏・Japan Expo創立者に聞いた、日本の魅力の「ニューウェーブ」とは?【訪日ラボ独占インタビュー】
外国人に大人気「アキバフクロウ」に実際に行ってわかった、「体験」へのこだわりとインバウンド対策の秘訣とは
インバウンド業界は「第三のフェーズ」へ-より戦略に精緻さ求められる時代に
【日中比較】新型コロナで売れた・売れない商品ランキング 「口紅」明暗分かれる