民泊サイトAirbnbは先月28日、被災者などに一時的な滞在先を提供する非営利部門「Airbnb.org」が、ウクライナからの避難民最大10万人に無料の短期住宅を提供することを発表しました。

目次

  1. 寄付者などから資金調達
  2. Airbnb.org 一時的な滞在提供する非営利団体

寄付者などから資金調達

現在、ウクライナ難民の約30万人が域内に避難しており、数百万人を受け入れる準備が必要との見解がされています。

このプログラムの資金はAirbnbやAirbnb.org難民基金への寄付者、Airbnb.orgのホストによって提供されます。各国政府と協力し、より長期の滞在先提供を含め対応していく方針です。

また、ウクライナのホストとゲストの安全確保にも力を注いでおり、コミュニティのサポートも継続的に実施していく姿勢です。

Airbnb.org 一時的な滞在提供する非営利団体

Airbnb.orgは、様々な非営利団体と連携し、難民を支援するとともに緊急時の宿泊施設を提供してきました。Airbnbの宿泊ではサービス料金がかかりますが、Airbnb.orgが提供する施設では請求されません。

最近では、21,300人のアフガニスタン難民に住宅を提供したことを発表しています。また、昨年は西ヨーロッパで起きた洪水の影響を受けた人々に宿泊施設を提供する緊急対応プログラムも実施しました。

文・訪日ラボ編集部/提供元・訪日ラボ

【関連記事】
【独自】GoTo「良い影響ある」96.7% 、菅首相に「インバウンド期待」72.5% 海外向け情報発信の適切な時期と内容は:インバウンド対策意識調査
仏・Japan Expo創立者に聞いた、日本の魅力の「ニューウェーブ」とは?【訪日ラボ独占インタビュー】
外国人に大人気「アキバフクロウ」に実際に行ってわかった、「体験」へのこだわりとインバウンド対策の秘訣とは
インバウンド業界は「第三のフェーズ」へ-より戦略に精緻さ求められる時代に
【日中比較】新型コロナで売れた・売れない商品ランキング 「口紅」明暗分かれる